セルフホワイトニング新宿

「ビューティスマイル溶液」
ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

みなさんお口の中の歯石を気にしたことはありますか?
お口の健康は全身の健康ともいわれています。
そんなお口の健康に大きく関わる歯石について詳しく説明していきます。

歯石とは

歯石はプラークとも呼ばれています。歯垢(プラーク)は、食べカスと思っている人もいますが、まったくの別もので、細菌と代謝物のかたまりのことです。
歯の表面に付着した黄色や白色のネバネバした物質がプラークです。1mgには1億個以上の細菌が存在していると言われています。
お口の中の細菌は歯に付着しても、ほとんどの場合は唾液で流されていきます。しかし、流れの悪いところに付着するとその場で細菌が増殖をはじめ、
少しづつ歯石を形成し始めてしまうので、なるべく早めに歯石(プラーク)を取り除くことが大切です。

虫歯の原因菌のミュータンス菌

ミュータンス菌は虫歯の原因となる菌のことです。
ミュータンス菌は、歯に付着しやすく、強固な歯垢(プラーク)を形成します。
歯石をためないためにも早めに取り除くことが重要です。

歯石が残りやすい場所

普段しっかり歯磨きをしていても歯石が残りやすい場所はあります。
今から紹介する部分は特に念入りにブラッシングすることを心がけましょう。

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯ぐきの境目
  • 奥歯の噛み合わせ
  • 抜けている歯の周り
  • 歯と歯が重なっている部分

磨き残しのないように念入りにブラッシングやデンタルフロスで丁寧に磨くことをおすすめします。

歯石の種類

歯石には2種類あります。
一つは、歯周ポケットの内側にある、黒い歯(石縁下歯石)。
二つ目は、歯茎の上についてる白い(歯石歯肉縁上歯石)です。

縁下歯石の特徴

  • 黒色
  • 歯周ポケットの中に隠れている
  • 歯周病が進行している可能がある
  • 縁下歯石は歯周ポケットに存在する為、それぞれの歯を一本一本丁寧に歯石除去を行う必要がある
  • 炎症をともなう場合、痛みを感じることがある

歯石歯肉縁上歯石の特徴

  • 黄色や白っぽい色(歯垢のような色)
  • 食物の糖質で作られた歯垢が唾液中のミネラル成分によってかたまったもの
  • 唾液腺が開口している下前歯の裏側や上奥歯の外側に付着しやすい
  • 歯茎のラインに沿った場所に付着する
  • 歯肉縁上歯石を除去するには、基本的に歯の表面の掃除のみ
  • 歯石取りのペース

    歯石取りのペースは一般的に3~4か月と言われています。歯石のつきやすさや、歯周病の進行具合により個人差はありますので、
    初めは1ヵ月に1回のペースでいくのもおすすめです。徐々に綺麗になってきたら間隔をあける良いです。
    歯石取りは歯石が付いて気になってからでももちろん可能ではあります。しかし歯石は自分では気付きにくい部分から付着しやすいため、歯茎を健康に保つためには、定期的に行っていくのが理想です。

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修