セルフホワイトニング機器・施術のしくみ

ホワイトニング照射中女性

歯のホワイトニング専門店Whitening meです。Whitening meではセルフホワイトニング機器・薬剤を販売しております。機器導入をご検討中の方へセルフホワイトニングで歯が白くなるしくみについてご説明致します。

従来のホワイトニングのしくみ

従来から行われている歯のホワイトニング(=歯を白くする方法)は二種類の方法が主として行われておりました。

  • 一つはPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といういわゆる歯の”クリーニング”であり、日常の歯磨きケアでは取れない歯石などをブラシのような道具で磨き、こすり落としていく方法です。同時に虫歯や歯周病の抑制効果もあります。
  • もう一つはエナメル質(歯の一番外側の構造部)の中に高濃度の過酸化水素を染み込ませて、エナメル質の結晶の隙間に入り込んだ色素を漂白して結晶の形を変え、光の乱反射を利用して白く見せる方法です。こちらが一般的に”ホワイトニング”と呼ばれてきました。

従来のホワイトニングに含まれるリスク

過酸化水素が含まれた刺激性が強い薬品を使用し、さらに薬品をエナメル質に浸透させるために強い光を当てなければならず、患者様によっては歯に痛み・しみを感じる場合や歯ぐきを火傷する場合がありました。また、高額の費用がかかるため大きな負担となっていました。

当社販売のセルフホワイトニングシステム

Whitening meが販売するセルフホワイトニングシステムでは、歯の表面をこすって汚れを落とすクリーニングと漂白式のホワイトニングの中間に位置しており、クリーニングと漂白式ホワイトニングの良い点を合わせたシステムです。

酸化チタンを使ったホワイトニング

当社販売のセルフホワイトニングでは、薬剤の主成分に酸化チタン(二酸化チタン)を使用しております。酸化チタンは食品や歯磨き粉に含まれている安全性の高い無機化合物です。この薬剤に波長が調整されたLED照射機の光を当てることによって歯の表面のエナメル質を傷つけることなく汚れ・黄ばみを浮かせ取り除くため、痛みが出たり歯ぐきを傷つける心配は全くありません。

これは歯科医院でSCTC(Self Chemical Tooth Cleaning)と呼ばれている方法です。SCTCは、患者様自身がホワイトニング薬剤を歯の表面に塗り、LED照射機の光を当てるという簡単な手順を行う施術です。酸化チタンが含まれた薬剤とLEDの青色光が反応し光触媒を発生させることによって歯の表面の汚れが浮き上がらせて落とすというシンプルで画期的なシステムなのです。

ホワイトニング機材導入問い合わせ

お問い合わせの際は上記フォームをご利用ください。

セルフホワイトニング機器販売・卸販売【自宅用/サロン用】