セルフホワイトニング新宿

Whitening me料金はこちら

ビューティスマイル溶液

口内炎ができる原因

物理的な刺激

歯ブラシがぶつかったり、誤って噛んでしまったりするなどの物理的な刺激で起こる場合があります。

口腔内環境の原因

ウイルス・かび・細菌の感染、金属アレルギーなど口の中の原因によって起こる場合があります。

身体的な原因

ビタミンC不足などによる栄養障害、自己免疫異常の病気、薬物アレルギー、胃腸障害など、全身的な原因によって起こる場合があります。

ホワイトニングは口腔内の環境という部分でかなり効果がありそうですね!
ホワイトニングミーで扱っている溶液は「汚れ分解」に加えて「抗菌殺菌機能」も期待できるものとなっております。
実感としては、照射後に舌で歯をなぞってもらった際、「すごい」と思わず言いたくなるくらい歯の表面がツルツルになります!
是非、皆様にも体感していただきたいです!

予防法

・口腔内

力の入れすぎで粘膜を傷つけるブラッシングに注意しましょう。

・食生活

ついつい偏った食生活になっていませんか?
栄養不足で発生する口内炎はビタミンB2、B6、Cが不足していると発症しやすく、ビタミンAが不足していると治癒しにくくなります。

ビタミンを補うには

・粘膜の維持等にビタミンB2を含む卵

・免疫機能の維持等にビタミンB6を含む赤身魚

・コラーゲンの生成にビタミンCを含むくだもの

これらのものを摂取するようこころがけましょう。その他、日ごろから睡眠不足やストレス状態が持続しない生活習慣を心がけ、免疫力の低下防止に努めましょう。


〇対処法としては・・・?
・口腔内

患部はブラッシング等で刺激せず、洗口液等で清潔に保ち、早めの治療に努めましょう。

・食生活

刺激物の他、糖質の多いケーキ類、アルコール類等は、ビタミンB群を分解過程で消費してしまいます。

・その他

十分な睡眠、ストレス発散等の規則正しい生活リズムを心がけ、喫煙は控えましょう。



※水・空気・栄養で人の身体は作られます!大きいことになる前に毎日コツコツ続け、日々、口の健康を保ていきましょう!

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修