セルフホワイトニング新宿

セラミックのホワイトニングでは、表面の汚れを分解して本来のセラミックの色に戻します。当サロンではセラミックを含む差し歯をホワイトニングをすることができます。セラミックの表面に沈着した歯磨きやクリーニングでは取れない汚れを落としてセラミックを白く戻します。

セラミックの歯

セラミックの歯でもホワイトニングは可能です

ホワイトニングは、漂白をするホワイトニングと汚れを分解するホワイトニングに大きく分かれます。

歯科医院で主に行われているホワイトニングは、歯のエナメル質をすりガラス状に変えて、”白く見せる”ホワイトニングです。セラミックにはエナメル質が無いため、歯科医院のホワイトニングではセラミックを白くすることはできません。

ホワイトニングミーではセラミック表面の汚れを分解するホワイトニングを行います。歯磨きでは取れないセラミックの表面についた黄ばみを落とし、本来のセラミックの色味に近づけます。

セラミックのホワイトニング

歯科医院のホワイトニングはセラミックを含む差し歯はホワイトニングできません。セラミックの歯を白くするためには、セラミック表面に沈着した汚れを落とす必要がありますが、普段の歯磨きやクリーニングでは落ちない汚れを分解することで本来の白さに戻すことができます。

Whitening me料金はこちら

セラミックの歯の特徴は

保険適用外の差し歯にはセラミック(オールセラミック)・メタルボンド・ラミネートベニアなどがあります。その中でもセラミックは真っ白な材質で作られるため、前歯の差し歯に適しています。
セラミックの一番の魅力は、白く歯を治療できて、メタルボンドのように歯と歯茎の境目が変色しない、審美性が高い点です。

セラミックの歯のメリット

セラミックの一番のメリットである審美性を活かすために、前歯や奥歯が噛み合う部分に使われることが多いです。メタルボンドとの一番の違いは耐久性と審美性です。

メタルボンドにせよオールセラミックにせよ、セラミック素材を利用しているため表面がくすむことはありません。徐々に色素の沈着は起こりますが、天然の歯や保険適用の差し歯と比べると沈着しにくく、保険適用の差し歯と比べて弾性率が天然の歯に近いため、噛み合わさる歯が傷つきにくいという特長もあります。

オールセラミックとメタルボンドの違い

オールセラミックもメタルボンドもセラミック素材が使われているという共通点がありますが、それぞれに特徴があります。

  • オールセラミックは全てがセラミック素材で作られているが、メタルボンドはセラミック素材が金属の枠組みに焼き付けて作られている
  • オールセラミックは自然な光を透過するため天然の歯に近いが、メタルボンドは自然な歯の透明感が出ないことがある
  • メタルボンドの方がオールセラミックよりも強度が強いためある程度咬む力が強い・歯ぎしりのある患者さんでも利用できる

強度以外はすべてオールセラミックに軍配が上がります。強度が必要な犬歯付近の歯ではメタルボンドが、前歯や奥歯の溝にはオールセラミックが使われることが多いです。

審美性や機能面・金属アレルギーなどが起こらないという面からもオールセラミックの方が価格が高いことが大半です。保険適用外の治療のため地域によっても差がありますが1本あたりの価格は3~5万円異なるようです。

セラミックの歯にも色々な種類がある

オールセラミックの歯にも色々な種類があります。

ハイブリッドセラミック

プラスチックにセラミックの粉を混ぜて作った素材。セラミック粉末をプラスチックに限界まで混ぜることによって保険適用の差し歯の欠点をできる限り隠してセラミックに近づけたもの。プラスチックのつやがない・着色しやすい・歯垢がつきやすいという欠点も残っている。

ディライトオールセラミック

天然の歯と見分けができないほど美しい自然な輝きがある。全てセラミックでできているため、耐久性がメタルボンドほど強くないということと、土台の歯が変色している場合は完璧に美しく表現できなくなっているという欠点もあるが、それを補って余るほどの美しさもある。

オールジルコニア

非常に強度の強い丈夫な素材ですが、天然の歯とは白さが少し違うため、目立つ歯には適さず奥歯の溝を埋めるために利用されることが多いです。

ステインジルコニア

上記のオールジルコニアに着色をしたものです。ステインと冠してありますが汚した訳ではなく歯本来の色に近づけたジルコニアです。主に奥歯に使われる、オールジルコニアの上位版です。

ジルコニアセラミック

近年つける方が増えているのがジルコニアセラミックです。従来のセラミックは耐久性に乏しいという欠点があったのですが、セラミックの美しさとジルコニアの丈夫さを融合させてできた素材です。前歯に最適のセラミックで、価格が高いのが唯一の難点です。

セラミックがホワイトニングで白くなる理由

セラミックの歯が以前より「ホワイトニングできない」と言われてきた理由は、従来のホワイトニングのしくみに特徴があるからです。

エナメル質を白くするホワイトニングは、エナメル質の無いセラミックには効果がありません。

セラミックを白くするホワイトニング

セラミックを白くするためにホワイトニングミーでは、表面の汚れを分解するホワイトニングを行っています。
表面の汚れ(ステイン)には、歯磨きやクリーニングで取れるステインと取れないステインがあります。

セラミック表面に沈着した、歯磨きでは取れないステインは、セラミック表面の分子とステインの分子が結合しています。分子が結合している状態は、いくら物理的に磨いてもその結合を解くことはできません。

セラミック表面に溶液を塗って、特殊な光を当てることによって、セラミックの分子とステインの分子結合をが外れるため、セラミックが白くすることができます。

セラミックを白くするホワイトニング

歯科医院で過酸化水素(または過酸化尿素)を使うホワイトニングは、セラミックを白くすることはできません。
セラミックを白くするためには、セラミック表面についた”分子結合された”ステインを落とす必要があります。
セラミックの歯は定期的にホワイトニングすることで色素沈着を抑えることができるため、黄ばみが気になる方はホワイトニングで一度汚れを落とすことをおすすめします。