セルフホワイトニング新宿

ホワイトニング専門店Whitening meです。一人ひとりのお客様が効率的に歯の白さを実感できるように努めております。具体的には、「LED照射時間を他店舗よりも長くする」「専門スタッフの常駐」「料金を明示する」という3点が特徴です。当たり前のことなのですが、これを守って運営しています。
Whitening meは個性的?!特徴を見る

歯のホワイトニングには色々な副作用があると言われています。ホワイトニングの副作用は、ホワイトニングの種類によって起こることがあります。治りが遅い副作用もあるため、まずはどのような副作用が起こるのかを理解しておく必要があります。

ホワイトニングの種類と副作用

ホワイトニングの副作用ホワイトニングは使用する薬剤によって特徴があります。過酸化水素を使用するホワイトニングと、過酸化水素不使用のホワイトニングに大きく分けられます。

過酸化水素のホワイトニングの副作用

歯医者さんで行うホワイトニングのほとんどは過酸化水素を使用しています。過酸化水素を使うことで歯の内側を漂白することができるため、何回も行うことで天然の歯以上に歯を白くすることができます。

濃度が6%を超える過酸化水素は、法律で劇物に指定されているのですが、ホワイトニングで使う過酸化水素は30%を超えているものもあり強力です。それにより副作用として、施術中の痛み・しみと、施術後に続く知覚過敏(しみの症状)が起こります。

また、過酸化水素使用のホワイトニングは歯にダメージが残り着色しやすくなります。また、差し歯がある場合はホワイトニングできません。痛みと引き換えに白さを手に入れるホワイトニングで、何回も繰り返すことで真っ白な歯を目指すことができるため真っ白な歯にする必要がある芸能人・モデルの方向きだといえます。

過酸化水素不使用のホワイトニングの副作用

「ホワイトニングサロン・セルフホワイトニングサロン」では、過酸化水素を使っていないホワイトニングが行われています。使われている薬剤は酸化チタン・ポリリン酸ナトリウム・メタリン酸ナトリウムなどです。3種の中で、LED光を当てて光触媒を発生させる酸化チタンは最も優れたホワイトニング剤といわれており、Whitening meでは酸化チタンの含有率を高めた薬剤を使用しています。

酸化チタンには、汚れを分解して落とすという作用があります。漂白をする場合は痛み・しみが伴うのに対して酸化チタンを使用したホワイトニングでは全く痛み・しみがありません。また、施術後にも知覚過敏が起こりません。

Whitening meで使用している溶液は、施術日から1~2週間の間、歯のエナメル質が色素を分解しやすくなります。歯を入念に磨いていただくことで施術をした日よりも1~2週間後の方が歯が白い方も多くいらっしゃいます。欠点は「真っ白な歯にはならない」という点です。

副作用を理解して効率的にホワイトニングを!

ホワイトニングは効率が命!です。効率とは、価格に対してどれだけ白くなるか、そしてどれだけ白さを維持できるかだと思います。ホワイトニングはLEDの照射時間が長ければ長いほど効果が出ます。Whitening meではLEDの照射時間あたりの価格を安くして1回のご来店で充分に白さを実感して頂けるように、お客様一人あたりにかける時間を長く確保しています。

そのためには、お客様の回転率を無視しなくてはいけません。ですが、長くLEDの光を当てることによって見違えるほど歯が白くなるお客様の口コミによって支えられています。Whitening meにご来店される約6割のお客様は口コミを元にご来店されています。心から嬉しく思います。これからも、1回のご来店で歯を白くすることにしっかりと向き合って参ります。