セルフホワイトニング新宿

ホワイトニングの頻度・色戻りについて

カウンセリングの際に、他店や歯科医院のホワイトニング経験者の方から「ホワイトニングをやってはみたものの、すぐに色が戻ってしまう…」とご相談を受けることは少なくありません。

そもそもホワイトニングはどのぐらいの頻度でやるのが普通か?という疑問から、どうすれば色が戻りにくいのか?という日常のケアまで、色戻りに関するご不安にお答えします。

歯のホワイトニング専門店Whitening meトップページへ戻る

ただ今ホワイトニングキャンペーン実施中です。この機会に当店のホワイトニングをお試しください☆

歯の色戻りを防ぐために自宅でできること

ホワイトニングの色戻りを防ぐために日常的にできることは、ホワイトニングの種類にもよりますが「日々の口内のケア」と「食べ物に気をつける」という二つが挙げられます。歯磨きをする女性

当店のホワイトニングの場合は、ホワイトニングを行った後約2週間は歯のエナメル質が色素を分解しやすくなっています。これは、施術の後に食事制限があるホワイトニングとは違い、色戻りが起きやすいというわけではなく色素が分解されやすい状態なので、丁寧に磨けば磨くほど白くなっていきます。

実際に1回目のご来店後に丁寧に歯を磨き続けることによって、2回目のご来店までに2~3トーン色が白くなっている方も多いです。このような状態になれば、ホワイトニング店に通う費用対効果が抜群に良くなります

色戻りを防ぐために気をつけるべき食べ物・飲み物は?

きっちり丁寧にお口のケアをしていたといても、食べ物や飲み物を全く選ばずに過ごしていると色戻りは早くなってしまいます。

ホワイトニングの後に注意することとして、喫煙・コーヒー・カレー・赤ワインなどを避けることが挙げられますが、これらの飲食物は歯を白くしたい方の真逆をいく、いわばホワイトニングの天敵だといえます。笑顔の女性

ですが、好きなものを食べてストレス解消をすることもあります。また、付き合いで赤ワインを飲んだりすることを制限してしまっても無理が生じてしまって逆効果になってしまうこともあります。好きなお酒を我慢してまでホワイトニングするというのでは効果が長続きがするとは思えません。

また、ホワイトニングはLEDライトの照射時間が長いほど効果が高まります。それと同じように、歯に色の濃い飲食物が付いている時間が長いほど色素の沈着が起こりやすくなります。

歯に付いた色素を取り除くために効果的なのは、歯磨きか唾液だと覚えておいてください。毎食後に歯を磨くことが難しい場合は、口をゆすぐか、ガムを噛むなどして唾液の分泌を促すと歯磨きに近い効果が得られます。

色戻りが気にならないためのホワイトニングの頻度

成人の場合、全く色素の沈着がない歯からおよそ3年経つと、色素が限界まで固着するといわれています。

歯磨きは、色素の沈着を防ぐことはできますが溜まった色素を分解する効果はほとんど無いといわれています。つまり3年以内にホワイトニングをしたことがない方の場合、かなりの色素沈着があるということになります。

Whitening meのホワイトニングは、施術の後約2週間は色素が分解されやすくなる状態が続きます。この状態を数回続けてもらい、ケアにも気を遣っていただくことで、大多数のお客様が、お望みの白さまで白くなります。一度ホワイトニングを試して効果を見てから、続けるかどうかを判断してみると良いでしょう。

どの程度まで白くするかは、お客様の趣向にもよりますが、白さを1回のご来店で実感したい方には特におすすめです。歯の黄ばみが気になる方は、是非Whitening meのホワイトニングをお試しください。

料金はこちらtop施術手順バナーtopよくあるご質問top