セルフホワイトニング新宿

歯が自然に白い人、何をやっているんでしょう?あまりホワイトニングのメンテナンスをしていない人でも自然に歯が白い人がいます。逆に、一生懸命に歯を白くしようとしてもどうしてもくすみが取れない方がいます。

ケアをしなくても歯に清潔感と好印象を与えられる人は、持って生まれた歯があるわけではありません。まず大切なのは、歯のエナメル質を大切にすることです。歯にダメージの無いホワイトニングを選んで、刺激の強いホワイトニングを避ける方が良いでしょう。刺激が強く歯に凹凸を作ってしまうホワイトニングの場合、ホワイトニングをすることで一時的に歯が白く見えることがあります。ですが、

この方法の場合は歯に細かい傷をつけて白く光らせているだけの場合が多く、その細かい傷が増えることで歯の表面積が増えて、結局は着色が目立ってしまうという結果にもなりかねません。さらに、エナメル質を傷つけることでエナメル質が減ってしまい、歯の内側の象牙質が目だって黄ばんで見える場合もあります。「歯の磨きすぎに注意」とはこれを指していることもあります。

また、口元の印象は歯だけでは決まりません。歯ぐきが清潔かどうかも相手に与える印象は非常に異なりますし、歯ぐきが赤黒い場合は軽度の歯周病の可能性が高く、口臭の原因にもなりかねません。