セルフホワイトニング新宿

歯医者さんへ歯石を取りにいくと決まって歯磨きのやり方を指摘されます。「きちんと歯を磨いたあとはデンタルフロスで歯と歯の間の汚れを取るといいですよ」この歯と歯の間の汚れをしっかり取ることはとても大切です(フロスが面倒で長続きしない方は簡単に歯間の汚れが取れる機械をおすすめします)

今回はデンタルフロスの役割とその使い方についてです♪

デンタルフロスや歯間ブラシを使う理由

デンタルフロスや歯間ブラシは歯と歯の間の歯垢(プラーク)を取るために必要です。歯ブラシだけではどうしても取れない汚れが残ります。特に電動歯ブラシの場合、歯間の汚れが取れにくいです。《電動に比べて手磨きの唯一のメリットは歯間の汚れに強いところです。》

また、隠れた虫歯に早く気が付くというメリットもあります。フロスを使っていると、引っかかったり切れたりする場合があります。これは隠れた虫歯があったり、合っていない差し歯や詰め物などが入っていたりすることが多いです。

もちろんデンタルフロスにもデメリットはあり、慣れていないと歯茎までフロスを勢い良く通してしまって血まみれになることも・・・。これを懸念してフロスは使用しないという方も多くいらっしゃいますよね。毎日の習慣で歯ぐきを痛めないように、しっかりと使い方を練習しましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って、ハブラシでは届かない、歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除き、きれいで健康な歯を保ちましょう。