セルフホワイトニング新宿

歯の白さは顔の印象を決める大事な部分です。
どのぐらいのレベルになれば歯の白さで良い印象を持たれるのでしょうか?

歯の白さ

歯の白さのレベル

ホワイトニングミーでは、歯の白さを測る機械でホワイトニング前とホワイトニング後の比較をします。

歯の白さを数字にすると、

  • 歯の白さS2~S14 白いと印象づけるレベル
  • 歯の白さS16~S30 印象なしと思われるレベル
  • 歯の白さS32~S40 黄色い印象のレベル

大きく3段階に分かれます。

今回は、写真を元に歯の白さレベルと印象を解説します。

歯の白さで白いと印象づけるレベル

歯の白さレベルS10
写真左側のお母さんは、歯の白さS10程度です。
白すぎず黄色い印象もなく、万人に良い印象を与えるベストな歯の白さです。

女性のアナウンサーはS10~14程度の方が多いですね。
歯の白さレベルS2
左側の男性はS8程度、右側の女性はS2程度です。

欧米人の場合はこの程度でも似合いますが、日本人を含むアジア人では、
この白さでは”白すぎて不自然”という印象を持たれる場合があります。

特に歯の白さS2まで白くなると、”明らかにセラミックの差し歯”という印象を持つ人が多数派で、
万人に良い印象を持たれるとは限りません。

歯の白さで印象を持たれないレベル

歯の白さレベル印象なし
こちらの男性は、歯の白さS20程度です。

子供の頃からきちんとした歯のケアをしていると、このレベルの歯の白さで維持できる方が多いです。

可もなく不可もなくと言ったところです。
歯の白さでそこそこの印象

こちらの女性は、前歯の歯の白さはS18程度ですが、奥歯の方が歯の白さレベルS32程度です。

S32レベルになると、「黄色いなあ」という印象を持つ方もいるかもしれません。

しかしこの歯の白さレベルが日本人の平均レベルと言われていますので、

気にしない人は気にしないのではないでしょうか。

歯の白さで黄色い印象を持たれるレベル

歯の白さ印象レベル黄色い

こちらの女性は全体的に歯の白さレベルはS32程度です。

やはり、全体の歯の白さがS32になると清潔感を持たれるのは難しいかもしれません。

ホワイトニングでしっかり白くすると美人度が増すはずです。

歯の白さは好み!でもある程度は白い方が良い

自分の歯と見比べてみて、いかがでしょうか??

S10~14レベルの歯の白さは多くの人に清潔感を与える白さなので、ぜひ目指してみてください。

特に、セルフホワイトニングをしたことが無い方や、セルフホワイトニングでも白くならなかった方はまだまだ取れる汚れが溜まっているはずです。

溶液に適正があるセルフホワイトニングを見つけて、清潔な歯の白さを目指しましょう!

歯の白さレベルまとめ

歯の白さは白ければ白いほど良いというわけではありませんが、
ある程度以上のレベルまで白くしないと、清潔感を与えることはできません。

気になる方はぜひホワイトニングで白くしましょう。

こちらを読むとよりわかりやすくなります。

歯が白いと思われる印象・思われない印象の境目