セルフホワイトニング新宿

歯にも消しゴムがある?

歯のホワイトニングサロンWhitening meです☆ホワイトニングは痛い、染みるなどのイメージを持っている方は少なくありません。Whitening meでは歯を傷つけずに痛みの無い新しいホワイトニングを行っています。

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。
鉛筆で書いた跡を消しゴムで消すように、歯の汚れを取る消しゴムがあります。今回は歯の消しゴムで本当に歯が白くなるのか?ということについてのコラムです。

消しゴムで歯の汚れがとれる仕組み

歯の消しゴム製品にはシリコン状の消しゴムと、研磨剤が含まれた薬品がセットになって売られています。この薬品を消しゴムにつけてこする、というのが歯の消しゴムのしくみです。

薬品には研磨剤が含まれているため、ステインを落とす効果が期待できます。これは、市販の歯磨き粉にも含まれている成分なので歯磨き粉をつけて歯を磨く効果と同じなのですが、シリコン状の消しゴムの方が細かく磨けるため、歯磨き以上の効果が期待できるという触れ込みです。

歯の消しゴムを使う?使わない?

歯の消しゴムは、歯を漂白したり汚れを分解する機能が加わっていないため、歯を研磨剤でこすることによってステインを落としています。

歯を磨きすぎると良くないという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。市販の歯磨き粉で歯を磨くことには一時的にはステインが落ちることによって歯が白くなる効果がありますが、歯のエナメル質が削れていくので少しずつステインが着きやすい歯になっていきます。

これは歯磨き粉の多くに研磨剤と呼ばれる歯の表面を磨く成分が含まれているからであり、研磨剤が含まれている歯の消しゴムのホワイトニング効果の原理も同じです。つまり一時的には歯磨き数回分程度に歯が白くなるのですが、エナメル質は傷ついていきます。

歯の健康維持は最高のホワイトニング

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・ホワイトニング歯磨き粉・歯の消しゴムetc…歯を白くする手段や道具には色々なものがあり、ホワイトニングサロンに来る方の中には「どうしても歯を白くしたい!」と言われる方もいらっしゃいます。

どうしても歯を白くしたい方へ

極端な話ですが、本当にどうしても歯を白くしたいのであれば、歯の染みや痛み・知覚過敏に耐えて歯の表面が溶けてたり歯ぐきがただれてもおかまいなしに、過酸化水素を使ったホワイトニングを頻繁に繰り返しながら綺麗な女性がCMをしているような研磨剤がたっぷり入った歯磨き粉を使って毎日5回歯を磨けば、ものの数日で相当な効果が得られると思います。

もちろん歯の健康と引き替えに、です。

エナメル質を傷つけるホワイトニングや歯磨きは、やればやるほどステインが沈着しやすくなります。歯が白くなってから色戻りまでの間隔が徐々に短くなり、ホワイトニングを中断しずらくなってしまいます。

歯の健康維持は一番のホワイトニング

人間の歯は、歳を重ねるにつれてエナメル質が減っていきます。歯を溶かしたり研磨剤でこするホワイトニングは、エナメル質を減らしその下にある黄色い象牙質を目立たせるため、どうしようもなくなってしまうこともあります。歳を重ねても綺麗な歯を維持している方は、歯や歯ぐきが健康です。正しい歯磨きや歯にダメージの無いホワイトニングを繰り返している方がほとんどです。

明日までにどうしても歯を白くしたい!という場合を除いて、普段ホワイトニングをされていない方は歯の健康維持と並行して行えるホワイトニングをおすすめします。歯の白さは健康な歯によってできあがるものだということをお忘れなく!一生使う歯を大切にしましょう。

消しゴムは使わずに歯を白くする

消しゴムを使わなくても、歯は白くすることができます。
痛みやしみのないセルフホワイトニングをすれば、消しゴム以上の効果を実感できることでしょう。

また、”歯の健康維持”は、美容の面からもとても大切です。
消しゴムや固い歯ブラシで歯を研磨することで、歯茎を傷つける可能性があるのですが、

口元の美容の中で、歯茎を守ることが一番大切であることを知っていますか?

CMなどで「歯周病で歯茎が下がる」というフレーズを耳にした方もいると思います。
歯茎が下がることによって、どんなホワイトニングでも白くできない歯の黄色い”象牙質”が露出してしまいます。

歯茎を健康に保つことによって、歯周病を予防するだけではなく美容の面でも人と差がつきます。

消しゴムを使うことのリスクもしっかり考えてからホワイトニングに取り組みましょう。