セルフホワイトニング新宿


ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

ホワイトニングをせっかくするなら、効率的に歯を白くしたいですよね。
ホワイトニングの種類や、歯の状態によっては、ホワイトニングできない歯やホワイトニングしても白くならない歯がございます。
ここでは自分に合ったホワイトニングを探せるよう紹介をします。

ホワイトニングの種類と仕組み

ホワイトニングの種類は二つあり、歯を白くする仕組みが全く異なります。

過酸化水素のホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングやオフィスホワイトニングは過酸化水素を主成分としていて、本来半透明な歯の表面のエナメル質をすりガラス状に曇らせることで、エナメル質の奥にある黄色い象牙質を透けなくし歯を白く見せるという仕組みです。健康な歯を持っていて、多少は刺激が強くてもコピー用紙のような真っ白な歯を目指したい方に向いています。

酸化チタンのホワイトニング

食品などに使われる酸化チタンを主成分としています。
歯みがきで落ちない汚れは、歯の表面の分子とステインの分子が結合してしまっていますが、ホワイトニングをすることで歯の表面の分子の結合を分解させ汚れを落とすという仕組みです。
歯を傷つけず、汚れを落とし本来の歯の白さにしたい、自然な歯の白さにしたいという方に向いています。

ホワイトニングできない歯

以下の歯は過酸化水素のホワイトニングではできません。

補綴物などの差し歯、ブリッジ、インプラント、また虫歯等で歯ののかけた部分を補う詰め物やかぶせものは歯を白くすることができません。歯の本来の構造をしていない為、過酸化水素のホワイトニングの仕組みが分かれば白く知らない理由も分かりますね。

う蝕

う蝕治療を行えばホワイトニングが可能です。ですが、
歯の一部に穴が空いたりした部分の欠損部分が牙質の2/3を超えるような場合は知覚過敏が出やすいので、注意が必要です。

知覚過敏歯

術前と術後に知覚過敏抑制剤を使用してホワイトニングを行いますが、
知覚過敏抑制剤を使用しても知覚過敏が生じる場合はホワイトニングはさけます。
それほど、漂白のホワイトニングは歯にへの刺激が強いことを覚えておきましょう。

歯の亀裂

歯の亀裂がある場合は知覚過敏が起きる可能性があります。
こちらも同様、術前と術後に知覚過敏抑制剤を使用してホワイトニングを行い、知覚過敏抑制剤を使用しても知覚過敏が生じる場合はホワイトニングはさけます。

咬耗症

咬耗(こうもう)とは、食べる時や無意識・就寝時に起こる歯ぎしりなどで、長年にわたり上下の歯が噛み合うことにより、エナメル質や象牙質がすり減って欠損となったものです。
歯が互いにこすれあってできるものなので咬耗は誰にでも自然に起きるものですが、
非常に強く噛む癖のある場合、硬い食べ物を好んで食べている場合、歯ぎしりをする場合、噛みたばこの習慣がある場合は強い咬耗がみられます。
咬耗の場合でも知覚過敏が起こる場合があるのでホワイトニング剤が接触しないように注意して行えます。

上記4つは過酸化水素を主成分にしているホワイトニングをする際に注意しなければならない点です。

犬歯、歯頸部の黄ばみ

犬歯の色や歯頚部の色が濃い歯は白くなりにくい歯です。
歯頸部は、歯茎から見えている歯の部分と歯茎に埋まっている部分の境目の部分のことです。
犬歯はもともと前歯に比べて色が濃い為、他の歯よりも白くなるのは遅くなり黄ばみは残りやすいのです。ホワイトニングをする際は犬歯や歯頚部は白くなるスピードはゆっくりだと頭に入れておきましょう。

テストラサイクリン歯

テストラサイクリン歯と聞いたことはありますか??
テストラサイクリン系と呼ばれる抗生物質を一定期間内に服用した場合の副作用により変色した歯のことを言います。
よく見られる変色の色は、グレー、イエロー、ブラウン色で歯の表面に横の縞模様としてあらわれます。
このように変色してしまう原因は永久歯の形成期である出生直後から8歳ごろまでにテストラサイクリン系の抗生物質を大量に投与された場合、
歯の着色、歯のエナメル質の形成不全などを起こすリスクがあるとされてます。
テストサイクリン系の抗生物質は、かつてはマイコプラズマ肺炎や百日咳の特効薬や、風邪薬のシロップとして用いられていましたが、
歯に変色を生じることが認められたために現在ではほとんど使われなくなっています。
昭和40年代くらいによく使われていた為、テストラサイクリン歯は40代から50代の方によく見られます。

テストサイクリン歯は形成中の歯に含まれるカルシウムと結びつき、像牙質の中に付着します。付着した物質は太陽の光によって歯の色が変色します。
紫外線が当たることにより濃いいろへと変色するため紫外線が良く当たる前歯の色が濃いのも特徴の一つです。

過酸化水素のホワイトニングでも効果があまりないのが多く、変色は象牙質の中の為、酸化チタンのホワイトニングでも白くすることはできません。
重度の変色にはあまり効果がありませんので、重度の場合はラミネートニベアなどが有効な治療法です。
テストサイクリン歯は変色の程度によって治療法が異なるため、まずは、歯科医院に行き相談するのがベストです。

ホワイトニングをあきらめないで

過酸化水素を主成分としているホワイトニングでは刺激が強く、紹介した歯の状態によってはホワイトニングできないことが少なくありません。

ですが、ホワイトニングをすることをあきらめないでください。

過酸化水素を主成分としているホワイトニングで、できない歯がある方にとって酸化チタンを主成分としているホワイトニングが合うことがほとんどです。生まれつき遺伝的に歯が黄色い、または歯そのものの変色ではなく汚れの蓄積で黄ばんでしまった歯は汚れを落としほとんどの歯を白くすることできます。

当店のホワイトニングでは酸化チタンを主成分としているホワイトニングで痛みシミもなく後遺症も一切ございません。また差し歯、ブリッジ、インプラントをしている方もホワイトニングができますので、「歯科医院ではできないけど、ここだったらできる。」という理由で通って頂いてる方も多くいらっしゃっています。

歯を白くするために歯の健康が損なわれてはもったいないですよね。
自分に合ったホワイトニングを探して健康で白い歯を目指しましょう。

Whitening me料金はこちら

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修