セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

年老いたあと、身体へのリスクを考えると
なんとか本来の歯は残しておきたいところです。

そのために日頃から定期検診に行ったり
ご自身でのケアが重要だということは
今までの記事でもお話をしてきました(^_^)

しかし、歯周組織が破壊されるまで歯周病が
進行してしまった場合、歯を支えきれなくなるので
抜歯は免れません・・・

歯周病はサイレント・ディジーズ(静かな病気)
とも言われているように、自覚症状が乏しく
早期発見が非常に難しい病気です。

ですので、実際のところ「抜歯になるケース」
はかなり多いのが現状です。
お年寄りの方は「入れ歯をはめているイメージ」
が強いと思いますが、
年をとると自然に歯が抜け落ちるわけではなく、
皆さん歯周病が原因で歯を失うパターンがほとんどです。

「抜歯はしたくない」「どうにか抜歯意外の方法はないか」
と、やはり皆さんいざとなると歯を失いたくないと言いますが、
歯周病が進行していると実は早く抜歯をしたほうがいい場合もあります。

歯周病が原因でおこる炎症は、歯の表面などに付着をしている歯周病菌が
体内に入り込もうとするのを防ぐために生じています。

さらに歯肉の奥のほうにある骨は、歯周病菌に感染するのを防ぐため
なんと自ら溶けて逃げ、最近との距離を保とうとするのです(゚д゚)

歯の周囲の骨が溶けてなくなった状態は、
もはや歯は体の一部ではありません・・・

ここまでくると、体のためにも抜歯せざるを得ない
ということになるのです。

抜歯をしたあとに、そのままにしておくのは絶対NG!
食べ物が噛みづらいだけでなく、
スペースを埋めるために隣の歯がどんどん寄ってくるので
噛み合わせも悪くなってしまいます。
さらに、歯と歯のすき間が広がることで
むし歯にもなりやすくなります。

抜歯後は、歯を補うために治療も必須です。
この治療には
1.ブリッジ 2.入れ歯 3.インプラント
の3つの方法があります(^_^)

3つの方法にそれぞれメリット・デメリットがあります。
抜歯をした本数や歯茎の状態、費用によって
方法を選ぶ必要がありますので
歯科医から詳しい説明を受け
よく相談されることをおすすめします。

また最近では芸能人の影響もあり、
インプラント(人工歯根)がポピュラーなものになっていますよね。
「人工物だからむし歯にも歯周病にもならなくて安心♪」
などと考えていませんか?

清掃状態が悪いとプラークや歯石が溜まります。
これらが人工歯根を支えている周りの骨を溶かし、
最悪の場合抜け落ちてしまうことも・・・

インプラントを入れても、
歯周病と同じ状態になってしまうということです(T_T)

インプラントを入れたあとも、歯磨きでのセルフケアは欠かさず
歯科での定期的なメンテンナンスも怠らないようにしましょう!