セルフホワイトニング新宿

beauty smile溶液

先日藤岡のブログで紫外線についてお話をしましたが、
本日は日焼け止めについてお話しをしていきたいと思います(^o^)

皆さんは日焼け止めを選ぶとき、何を基準にして選んでいますか?
お値段だったり、つけ心地がいいもの、
とにかく日焼けしたくないからSPF値の高いもの!
どれも欠かせなく間違いではありません!(^^)!

利用シーンやお肌の悩みに合わせて日焼け止めを選ぶと、より効果的に日焼けを防ぐことができるので、どんな日焼け止めを選ぶべきかわかるようになります♪
前回もお伝えしたようにUVケアが甘いと、シミはもちろん、シワやそばかすなどが将来じわじわと増えてくるため、
この機会にぜひご自身にあう日焼け止めの賢い選び方をマスターしてみましょう(*^^*)

日焼け止めを購入する際ウラの表示が気になるかと思いますが、これは何を表しているかご存じでしょうか?
「SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標になるため、それぞれの数値が大事になってきます(>_<)

では「SPF」と「PA」の違いの説明をします♪

UVB対策に効果的な「SPF」

「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数のこと。
1〜50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、
数値が大きい方がUVB波に対する防御効果が高いことを表しています。

UVAを防ぐには「PA」

「PA」とは一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安。
4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれUVAに対する防御効果が高いことを表しています。

SPF51を超える製品はSPF50+と表示され、
日焼け防止効果の程度は+、++、+++、++++の4種類で表し、+が多いほどその防止効果は高くなります!

PA+→UVA防止効果がある
PA++→UVA防止効果がかなりある
PA+++→UVA防止効果が非常にある
PA++++→UVA防止効果が極めて高い

紫外線を防ぐためにはSPFやPAの表示を確認の上、外出時のシーンに合わせた日焼け止めを選ぶことをオススメします!
効果的な紫外線防御のための使い方ポイントはムラなくたっぷりとつけることこまめに塗りなおすことです!

 

先日スッピンで友人と会うため、色つきの日焼け止めをたっぷりと塗っていったら、白くなりすぎたみたいで友人に笑われてしまいました・・・笑

紫外線防御のため、たっぷりつけるのは将来の自分のためになりますが、塗り終わったあとは鏡でしっかり確認を行いましょう(T_T)笑

まだまだ紫外線対策についてお伝えしたいことがいっぱいあるので、明日のブログにて続きを書いていきたいと思いますので、ぜひご覧ください(^-^)♪