セルフホワイトニング新宿

ビューティースマイル溶液

前回の記事を読んでいただいた方は、なにか実践していることはありますか?

今回は前回の内容の続きをガッツリと!
お伝えしたいと思います♪

お悩みの方は参考にしてみてください(*^^*)

シャンプー・トリートメントの成分をチェック

シャンプーとトリートメントは毎日行うことですよね!
綺麗に自然とボリュームを出すためには、ハリコシの出るものを使う必要があります。
しっとり系では逆にボリュームが出ないんです。

ノンシリコン

シリコンとは髪の毛の表面をコーティングするもの。
艶は出やすいですが、反面、髪の毛が重くなりボリュームが失われてしまいます。
シリカ、シロキ、ジメチコンなどが配合されていないものがオススメです!

洗浄成分

洗浄成分は汗をかく真夏の時期にはとても大事!
しかし刺激が強いと、逆に皮脂が過剰に分泌してべトついてしまうか可能性が・・・
髪の毛が乾燥してハリコシが失われてしまいますので、おすすめはアミノ酸系の洗浄剤、潤いを与えながら洗えることと、乾かした後もふんわりと滑らかな質感になります♪

ハリが出る成成分・・・
パンテノール、キトサン、いずれも髪の毛の表面に膜を張り、髪の毛自体を強くしてくれますので、ボリュームアップに期待ができます!

ヘアアイテムを使う

自分で出来る対策にプラスして、必要であればヘアアイテムを使うのもいいでしょう。

育毛剤を使う

最近では育毛剤もいろんな種類があって悩みますよね。
育毛剤にもタイプがあり、ホルモンバランスを整えるタイプ、血行促進するタイプ、頭皮や毛根に栄養を補給するタイプ、皮脂を抑制するタイプなど・・・
日ごろから頭皮や状態に合わせて使うと効果が出やすいですよ♪

スプレーを使う

髪の毛に元気がないとボリュームが出ません・・・
髪型キープのためではなく、ボリュームアップのためにヘアスプレーを使用することをオススメします♪
ヘアスプレーは髪の毛の表面に付着しハリコシを出す効果があります。
ポイントは、地肌につけないように根本付近を狙ってスプレーすること!
しかし毛先につけすぎると、逆に髪の毛が重くなってしまうので注意が必要!

パーマをかける

全体的にボリュームが欲しい場合はパーマをかけてみるという方法もあります。
トップだけではなく全体にかけることで、髪の毛同士が重なり合い自然なボリュームが出るんです。

自分でできるヘアケア

実はお金をかけないでケアする方法もあります!どれも手軽にできる内容なのでぜひ実践してみてください。

頭皮マッサージを行う

さきほどもお伝えしたように、地肌が固いままだと栄養が行き届かなくなります。それが一つの原因かもしれないですよね。
日ごろからマッサージを意識してツボを刺激してあげることで、頭皮が柔らかくなり血行がよくなります。
そうすることによって元気な髪になることが期待されます!
最近では自動のマッサージ機もあるのでこちらも試してはいかがでしょうか♪

乾かし方に気をつける

髪を乾かさずに寝るなんてもってのほか!乾かし方は髪にとってとても重要です!
以下の3点のポイントを実践してみてください♪

  • トップやボリュームの出したい部分を早めに乾かす
  • 根本から分け目をまたぐように、髪の毛を起こすように乾かす
  • 朝のペタンコ髪は水スプレーなどで濡らしてから乾かす

分け目を変える・前髪を作る

髪の毛の分け目や生え方は十人十色!人によって全く違います。
そして何年何十年とずっと同じ分け目にしていると、生え方に癖が出てきてしまいます。
そのまま生え癖通りにしているとどうしてもペタンコになってしまいますが、生え癖と逆の分け目を作ることでボリュームのあるヘアスタイルが作れます。
そして前髪も大事!髪の毛は長いと髪の重さでボリュームが出にくくなってしまいます。
前髪を作ることで、気になっていたぱっくり分け目、ペタンコ髪をカバーすることができるのでオススメです♪

まとめ

いかかでしたか?
ここまでは髪の毛のボリュームを出す方法をお伝えしてきましたが、逆にボリュームが出すぎて困っているの! という悩みを持っている方もいるかと思います・・・私からすると羨ましい悩みですが・・・!「隣の芝生は青く見える」ですね(>_<) 髪の毛のボリュームを抑える方法もご紹介する予定ですので、興味がある方はお楽しみに♪

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修