セルフホワイトニング新宿

ホワイトニングを持続させる秘訣

歯のホワイトニング専門店Whitening me新宿です。ホワイトニングはどのくらいの期間持続するのでしょうか?というご質問をよく頂きます。今回はホワイトニングの種類による持続期間と、効果を持続させるためのコツについてのコラムです。

ホワイトニングの効果の持続期間

ホワイトニングで歯の表面の汚れを落とした後には、平均して約9か月間白さが持続します。当サロンの場合持続する期間には6か月~1年程度の幅があります。

なぜホワイトニングの持続期間に差があるのでしょうか。一番の理由はホワイトニングの種類の違いです。ホワイトニングによって持続しやすいものと、しにくいものがあります。

ホワイトニングの種類と持続の長さ

ホワイトニングには、1)歯科医院で行うオフィスホワイトニング 2)自宅で行うホームホワイトニング 3)専門店で行うホワイトニング 大きく分けて3種類があります。

3種類の中で最も色戻りが長いといわれているのがオフィスホワイトニングで、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも白くなるまでに時間がかかる代わりに、持続しやすいです。専門店のホワイトニングは白くなった後はホームホワイトニングと同じ程度持続するといわれています。

専門店と歯科医院のホワイトニングの違い

ホワイトニングの効果を持続させるためにできること

※この習慣はホワイトニングの後だけではなく歯に黄ばみを着けないためにも有効なのでぜひ行ってみてください。

また、ホワイトニングの効果を持続させるためには、普段のホワイトニング習慣も大切です。

優先順位は歯磨き⇒ゆすぎ⇒ガムを噛む

ホワイトニングの習慣というのは、色の濃いものを食べない・タバコを吸わないなどの生活習慣を変えることではありません。厳密にいえば濃いものを口にしなかったりタバコを吸わない方が歯への着色は抑えられるのですが、好きなものを断ってホワイトニングに注力するのは本末転倒な感じもします。

そこで、色の濃いものを口にした時にいかにして歯に着色を残さないかということを意識することでホワイトニングの効果を持続させる習慣をつけましょう。

丁寧に歯磨きをすることは白さ維持の基本です。どうしても歯磨きができない場合は食事の後に口の中を水でゆすぐと良いでしょう。また、ガムを噛むのも効果的です。ガムは唾液の分泌を促して口の中を洗い流す効果があります。

白さを持続させることが一番費用対効果が高いといえます

ホワイトニングに抵抗がある方の中には、痛みや後遺症を心配している方も多くいらっしゃいますが、「色を持続させるためにずっと続けなきゃいけないんじゃないか・・・」と心配している方もいらっしゃいます。
(Whitening meでは痛みやダメージのないホワイトニングを行っています。Whitening meのホワイトニングの特徴をご覧ください)

ホワイトニングには種類はありますが、永久に持続するホワイトニングはありません。セラミックやラミネートベニアの歯を入れたとしても時間の経過とともにステインが沈着してしまいます。よってホワイトニング後の歯の色を持続させるためにはホワイトニングを継続する必要があります。

ですが、そのホワイトニングを継続する期間が半年おきだったらどうでしょうか。2週間に一度続けなければ維持できないホワイトニングよりは、よほど費用対効果が高いと思いませんか。そのために、ご自身に適性がある溶液を使っているホワイトニングを行うことと、普段の簡単なホワイトニング習慣が大切です。

白さを持続させて理想の白さを持続しましょう

ステインの沈着を防ぎ、白くなった歯を持続させることは厳しい努力がいるわけではありません。少しの知識と簡単な習慣があれば十分持続できます。今日からできるホワイトニング習慣、始めてみませんか。