セルフホワイトニング新宿

ホワイトニングの費用対効果OK

歯のホワイトニングは高価だというイメージをお持ちの方は少なくありません。もちろん高価なホワイトニングであっても白くなれば良いというのは一理ありますが、できるだけ安く白くすることを考えるのであればホワイトニングの原理と費用対効果を押さえておきましょう。

ホワイトニングの効果の出方

ホワイトニングには色々な種類がありますが、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとサロンで行うセルフホワイトニングはいずれも、「歯に薬剤を塗った状態でLEDの光を当てる」という点で共通しています。そしていずれのホワイトニングも、「LEDの光を長く当てれば当てるほど白くなりやすい」です。

もし、いち早く歯を白くしたいのであればとにかく長くLEDの光を当てることが必要です。また、ホワイトニングサロン・歯科医院によって全く同じ薬剤を使っている施設はない(チェーン店などは除く)ため、ホワイトニングの費用対効果は「薬剤への向き不向き」+「照射時間あたりの費用」で決まります。

注)歯科医院(審美歯科)で行われているホワイトニングは長時間LED光を当てることで強い痛み・しみを伴うことがありますので照射時間を選ぶ際は専門家の意見をしっかりと参考にしてから行いましょう。

ホワイトニングの費用対効果を高めるために

上述の通りホワイトニングの費用対効果は「薬剤への向き不向き」+「照射時間あたりの費用」で決まります。

薬剤への適性

ホワイトニング薬剤が向いているか否かには個人差があり、すべてのお客様に同じ効果が出るわけではありません。よって、いち早く歯を白くしたいという場合でも最初から費用の高いホワイトニングを行うのではなく、一度は安価で試すことをおすすめします。

ホワイトニングの費用はサロンによって大きく幅がありますが多くのサロンはお試しができるような価格設定をしています。もし1回の来店で満足できれば、目標の白さまで白くすれば良いでしょう。

照射時間あたりの費用

ホワイトニングの費用対効果を高めるためには、当然ですが照射時間当たりの費用が大切です。最近では照射時間当たりの費用を明記するホワイトニング施設・専門歯科が増えてきました。気になるサロンに照射時間が明記されていなければ電話などで問い合わせてみましょう。

ホワイトニングの費用対効果まとめ

“歯を白くしたい”という思いはほとんどの方が持っているものです。歯を白くすることは百利あって一害なし!心も明るくなりますし、周囲にも清潔感を与えます。ホワイトニング未経験の方は一度試してみてはいかがでしょうか。