セルフホワイトニング新宿

ホワイトニングミー新宿店です。結婚式やイベントの前など短期間で歯を白くしたい場合はできるだけお早目にご相談ください。前日でもできる限り対応致しますが、できれば1週間ほど前までにご連絡頂ければバッチリです。

短期間で効果を出すホワイトニング

短期間でホワイトニング計画

ホワイトニングを試してみるきっかけとして、「普段の黄ばみ汚れが気になる」という方が一番多いのですが、「とにかく〇月〇日までに白くしたい!」「来月の下旬に結婚式をするんです」など、イベントに向けて歯を白くしたいと考えている方の場合は、なるべく早めに一度ホワイトニングを試すと、当日までのプランが作りやすいです。

まず大切なのは本番にどの程度まで白くしたいのか、ということを決めてからホワイトニングを始めるといいでしょう。とにかく写真映えするように真っ白にしたいのか、周りの方たちに自然に思われる白さにしたいのか。最近は不自然な白さを嫌うために、あまり白すぎないようにして欲しいという希望が増えてきています。

短期間で白くするためには

ホワイトニングには色々な種類があり、短期間で歯を白くするためには、まず歯医者さんのオフィス・ホワイトニングもしくは当サロンのホワイトニングをお試しください。オフィスホワイトニングは、歯を少し溶かしながら漂白するホワイトニングです。Whitening meのホワイトニングは歯の表面の汚れを分解して本来の色に戻すホワイトニングです。

どちらの方が白くなるかは個人差があるため何とも言えませんが、LED光を当てるホワイトニングをしない限り短期間で歯を白くすることは難しいです。歯医者さんで歯型(マウスピース)をとるホームホワイトニングは薬剤が薄く、長期間かけて白くするものですし、値段の高い歯磨き粉使って磨いてもホワイトニングに比べると大きな効果は望めないでしょう。

短期間で白くなるためにホワイトニング目標を決める

ホワイトニングにお試しでご来店される方皆様に、どの程度まで白くしたいですか?お聞きした時の平均の色は下画像のシェードガイドの12番です。

短期間で白くなる歯の白さ

画像だとどのくらい白いかがわかりにくいのですが、真っ白で不自然な白くはなく、万人に好印象を与える程度の白さです。お客様の中には一番左(芸能人級です)のところまで白くしたいとおっしゃる方もいます。もちろんどの程度まで白くするかは個人の趣向によるのですが、他人に好印象を与えるためにホワイトニングをする場合は12番程度の白さを目指すといいでしょう。

日本人の平均程度の歯の色の方は、12番の白さになるまでに90分程度の照射を必要とします。ただし、これは平均的な効果が出る方の場合です。ホワイトニングの効果は、普段のケアやエナメル質の状態などによって左右されます。全く白くならない方はいませんが、ごくまれに薬剤への適性が無い方もいらっしゃいます。

Whitening meのホワイトニングは30分程度の照射時間を当てると、適性のあり・無しが簡単にわかります。30分の照射を当ててもほとんど変化を感じない場合はあまり向いていないでしょう(約10%のお客様がこれにあたります)その場合は歯科医院のホワイトニングを試すことをおすすめします。

照射時間に応じたホワイトニング効果の目安

短期間で白くする場合の注意点

黄色い歯が気になって、一刻も早く歯を白くしたい!とお考えの方は少なくありません。ですが、短期間で歯が白くなるためにはリスクが伴う場合がありますので、起こりうる失敗をお伝えします。

オフィスホワイトニングの痛みに耐えられない

歯科医で行うオフィスホワイトニングは、強力な薬剤で歯を漂白するため、痛みに耐えられずに続かなかったという方は少なくありません。ホワイトニングミーにお越し頂く方の中にも、「痛みが嫌でやめてしまったから歯に悪くないホワイトニングがしたくて来た」と言われる方が多いです。

満足な白さまで白くならない

ホワイトニングは、全く同じ薬剤を使っているお店はありません(チェーン店は除く)お客様にとって適性がある薬剤を繰り返すことで満足な白さを手に入れることができます。厳密にいうと、当サロンの場合は全く白くならない方はいませんが、費用対効果を考えた時に適性が無い(約1割程度の方)場合は他の薬剤を試す方が効率的だと考えます。

イベント(結婚式など)に間に合わない

短期間で白くしたい方の多くは白い歯で迎えたい結婚式などのイベントがあるのですが、無計画にホワイトニングをすると理想の白さで当日を迎えられないことがあります。しっかり白くなる見込み(薬剤への適性)を確認してから、どの程度のペースで何回ホワイトニングをするかを考えて当日を迎えましょう。

短期間のホワイトニングで白くするまとめ

いかがでしたか。ホワイトニングにも色々な種類があるため、自分にあったホワイトニングを続けることが白くする最短距離です。大切なのは費用対効果と、歯の健康が維持できることです。ご自身に合うホワイトニングを見つけて、理想の歯の色を手に入れましょう。