セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニング専門店Whitening meです。ドラッグストアには多くのホワイトニング製品が並んでいます。歯を白くする歯磨き粉・歯を白くするマニキュア・歯の消しゴムなど…

歯を白くすることは「歯を白く見せる」こととは違います。歯のマニキュアで一時的に白くするのはもちろん、白く見せるホワイトニンググッズも発売されています。白く見せるホワイトニンググッズの中には、歯の表面をわずかに削り、光の乱反射によって白く見せるものもあります。

歯を白くする方法

ホワイトニングで歯を白く歯を白く見せるのではなく実際に白くする方法は、大きく分けると二つしかありません。漂白をするか、汚れを分解するかの2通りです。

主に歯科医院で行われているホワイトニングは「漂白」のホワイトニングです。過酸化水素を使用し、歯のエナメル質の外側にある膜を溶かしながらエナメル質の内側を漂白するホワイトニングです。

メリットとしては、汚れを分解するホワイトニングよりも1トーン(歯の色味を確認する機械を使ってわかるかどうかの程度)白くすることができるという点です。効果には個人差がありますが、一番懸念されることは歯や歯ぐきへのダメージです。

歯や歯ぐきの健康

過酸化水素は非常に強力で、濃度の濃いものは法律で劇物指定されているほどの薬剤です。ホワイトニングの後には歯が溶けているため、食事制限があり、色戻りが比較的早いホワイトニングだといわれています。

最近では過酸化水素35%で安価なホワイトニングが増えてきました。過酸化水素35%のホワイトニングを行う方は、本当にリスクを理解しているのでしょうか。

過酸化水素のオフィスホワイトニングを試した方の多くは(私も試してみました)施術中の痛みや施術後の激しいしみの症状に違和感を感じます。私は、虫歯の治療よりも強いしみが数日間続き、歯ぐきが薬剤で火傷してただれてしまったので向いていないな、と感じました。

ホワイトニングは歯の健康維持が前提

ホワイトニングは歯を白くするために行うものなのですが、歯や歯ぐきがただれたり痛んでしまっては元も子もありません。まずは、汚れを分解するホワイトニングを試してみることをおすすめします。

汚れを分解するホワイトニングの薬剤には数種類ありますが、当サロンでは「酸化チタン」を主成分とした薬剤を使っています。酸化チタンは青色LEDの光を当てることにより光触媒を発生させて歯の表面の汚れを分解します。

痛みやしみ・歯へのダメージはありません。すると多くの方は「歯医者さんの方が白くなるんでしょ?」と思われますが、違います。どちらのホワイトニングにも個人差がありますが、当サロンの場合は30分間の照射を当てることで9割以上の方が白くなったと実感して頂いております。

痛いから白くなる・歯の健康に良いから白くならない、そんなことはありません。歯の白さは痛みと引き換えに手に入れるものではないのです。歯の白さが気になる方は一度ホワイトニングをお試しください。