セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニングはもちろん歯を白くするために行うもの。できる限り白くしたいという思いは共通ですが、どれだけ白くしたくても「真っ白」な歯はイヤだなあ・・・と考えている方は少なくありません。

ホワイトニングで歯の白さは調整できない?

ホワイトニングで口内環境を整える当サロンのホワイトニングでは10分の照射を3回行っております。ホワイトニングは照射の合計時間が長ければ長いほど効果が出るため、1回のご来店で30分程度照射を当てるとほとんどの方が効果を実感していただけます。

ホワイトニングをやる前に、どの程度まで白くなるかというのを判断することはできません。照射1回ごとに歯の白さを確認しながら照射回数を変更することができない場合がほとんどです。特に歯科医師が行うホワイトニングの場合は装着する器具が大がかりになることが多く、1回ごとに器具を外してつけていると大変な手間がかかってしまいます。

どの程度まで白くなるかがわからないため、「白くなりすぎるのではないか」という不安のもとご来店される方もいらっしゃいますが、当サロンの場合目標の白さよりも白くなりすぎた場合でも、不自然な白さにはなりません。歯を漂白するホワイトニングではないからです。

自分に合うホワイトニングを探しましょう

とにかく歯を白くしたい!という方はとことん歯を白くしたいものですが、真っ白を目指すホワイトニングと自然で明るい白さを目指すホワイトニングは根本が違います。どのようなホワイトニングであれ、永久に効果が続くということはありません。当サロンの場合は、半年~1年に一度ご来店される方が多いです。歯の白さはもちろん、歯や歯ぐきの健康維持のためにもご利用頂いております。

歯は白くなくてもいいやと考える方はいますが、歯が健康でなくてもいいやと考えることはとんでもない間違いです。30歳前後を境に歯周病が表面化してくる方が多いため、歯の健康維持への意識が薄い方は口の中に細菌がたまっている状態です。歯周病が悪化すると歯ぐきの色が悪化するため、ホワイトニングどころではなくなってしまいます。

口の中の細菌は内臓の病気にもつながります。丁寧な歯磨きはホワイトニングの効果を持続させるだけではなく歯周病の抑制にも高い効果を発揮します。ホワイトニングを行った後はメンテナンスが大切です。そのメンテナンスは歯の健康維持につながります。口の中の美容への意識が高まるといいなと思っています。