セルフホワイトニング新宿

ホワイトニング 歯磨き粉

多くの方が歯を白くするために利用しているホワイトニング歯磨き粉、ホワイトニング歯磨き粉はどのように生まれて、どのようにホワイトニング歯磨き粉としてデビューしたのでしょうか。

ホワイトニング歯磨き粉の歴史は古い

日本のホワイトニング歯磨き粉の歴史は古く、古来から何らかのケアは行われていたようです。また、欧米大陸ではホワイトニング効果のある歯磨き粉が発達していて、それが日本にも伝播していたようですが、実際の歯磨きの方法やどのような歯磨き粉を用いたかなどがはっきりとするのは江戸時代の後半ぐらいからです。

江戸時代のホワイトニング歯磨き粉

虫歯の予防や口の中の歯磨きとしては、先端を棒状にした爪楊枝のようなものにホワイトニング効果のある歯磨き粉をつけて磨いていたようです。歯磨き粉としては、砂や塩などで、これらに香料を加えたものがホワイトニング歯磨き粉製品としてありました。

成分の中でもっとも多かったのが砂で、これに香料を加えて製品化しました。また、舌のコケを取る方法として舌を用事でこすって舌苔を取る方法が行われていたことも知られています。このような歴史を紐解くと、当時のホワイトニング歯磨き粉は研磨剤がたっぷりと(砂は明らかにエナメル質を研磨します…)含まれていることがわかります。

19世紀以降のホワイトニング歯磨き粉は、100種類近くの歯磨き粉が売られていたそうで、多くは砂や石膏を原料としていました。当時のものは、赤色と白色があったといわれています。

ホワイトニング歯磨き粉【明治時代】

明治時だのホワイトニング歯磨き粉は、江戸時代よりもさらに普及したといわれています。歯磨き粉は、砂を原料とするものが多く、それに香料としてからしなどを混ぜたもので紙袋化木箱に入っていました。

やがて砂にかわって、徐々に炭酸カルシウムなどがしようされます。これは、現代でもホワイトニング歯磨き粉の研磨剤としてつかわれているものです。炭酸石灰に薬剤を混ぜてバラの花のような色と香りで評判になった花王散がとても有名でした。海外からもこるゲートやロジェガレのものも入ってきていたといわれています。

ホワイトニング歯磨き粉が現代的になった時期

ホワイトニング歯磨き粉は、明治時代の中頃に現代に使用されているものに近くなりました。明治の中頃には、炭酸カルシウムや炭酸マグネシウム・薬剤・諸外国の香味料・石鹸等の近代的な歯磨き粉が主流になりました。

この当時には、ホワイトニング歯磨き粉としての効果がある程度発揮できていたと考えられます。また、増粘剤を使用してねり歯磨き粉や水歯磨き粉も誕生します。現代の歯磨き粉にも基材(歯磨き粉の基本的な成分)として使用されている水やグリセリンを使用したものです。

また、大正時代から昭和時代になるにつれて、世界大戦後の好景気を受けて生活水準が上がっていきます。物価が高まり、ホワイトニング歯磨き粉も国産の歯磨き粉が東南アジア市場への輸出が盛んになりました。ホワイトニング歯磨き粉の効果だけではなく、虫歯予防などのいろいろな効果がある歯磨き粉の研究が進み、整備された工場での生産が始まりました。

ホワイトニング歯磨き粉の大量生産を可能にした要因

過去には、液体のタイプの歯磨き粉や砂を基材とした歯磨き粉がありましたが、純度の高いグリセリンの供給が可能になり始めると、チューブ入りのホワイトニング歯磨き粉の供給が可能になりました。これは、現代でも多く使われているグリセリンの効果だといえます。

現代のホワイトニング歯磨き粉

大正時代・昭和時代と日本のホワイトニング歯磨き粉は進化と遂げ、現代のホワイトニング歯磨き粉になりました。

現代では、ホワイトニング歯磨き粉の多くに研磨剤が使用されています。多くの試行錯誤を繰り返した日本のホワイトニング歯磨き粉は、健康面と予防歯科の観点を両立させた質の高い歯磨き粉として販売されています。

日本の製品は、ホワイトニング歯磨き粉に限らず、諸外国で生産される製品と比べて安全性が高いとされています。ホワイトニングミーも、安全性が担保されたホワイトニングとして多くの人の素敵な笑顔に貢献できるように努めてまいります。