セルフホワイトニング新宿

1回で白くするホワイトニング

歯のホワイトニング専門店Whitening me新宿です。手軽で簡単。歯の汚れを分解する機能・抗菌殺菌機能・消臭機能が備わったオーラルケアのホワイトニングなので、大事な商談・イベントの前のご利用もおすすめです。

“1回のホワイトニングで白くなる”がモットー

ホワイトニングミーのホワイトニングは、”1回のご来店で白くなる”をモットーに運営しております。「白くするのは当たり前でしょ?」というお声も聞こえて来そうですが、どのホワイトニングでも1回のご来店で満足な白さになるわけではありません。ホワイトニング経験者の方は、1回で白くならなかった後に「何回か続けると白くなりますよ」と言われたことはありませんか?

ホワイトニングで歯が白くなる原理をおさらいしておきます。ホワイトニングで歯を白くするために重要なことは以下2点、「ホワイトニング溶液への適性(向き不向き)」と「LED光の照射時間」です。

ホワイトニング溶液への適性とは

ホワイトニングサロンや歯科医院によって細かい手順の違いはありますが、ホワイトニングはおおまかに、「歯の汚れを取る」⇒「溶液を塗る」⇒「LED光を当てる」という手順で行われます。使用する溶液には向き不向きがあり、Whitening meの場合は、平均的・平均以上に効く方→約90%とあまり効かない方→約10%がいらっしゃいます。全く同じ溶液を使っているお店は無い(系列店があるお店は除く)ため、適正のある溶液を探してホワイトニングを行うことが効率的です。

この適性を判断するためには、25分~30分程度のLED照射時間があれば十分です。適性がある方は、「平均以上に白くなる」ことに加え「歯にツヤが出る」「一時的にホワイトスポットが現れる」などの反応が見られます。ホワイトニングを始める時には、まず短めの時間で試して頂くことで溶液への向き不向きを確認しましょう。

LED光を長く当てるほど効果は高まる

また、ホワイトニングはLED光の照射時間にほぼ比例して効果が高まります。よって、1回のご来店で歯を白くするためにはできるだけ長くLED光を当てることが大切です。もし、費用を無視するなら一日に長時間照射を当てれば白くなるということになります。

ですが、長時間の照射を当てる際には歯にダメージがあるホワイトニングの場合は危険です。特に過酸化物を使用した漂白をするホワイトニングの場合は、数分の照射でも激痛が走ることがあります。ホワイトニング前にしっかりと下調べをしておく必要があります。

そこで、ホワイトニングの費用対効果を考える

先述の通り、ホワイトニングは「溶液に適正のあるサロンで、できるだけ長くLED照射を当てる」ことが大切です。Whitening meが”1回のホワイトニングで白くなる”をモットーにしていることはずばり、LED照射時間あたりの費用を安くしていることにあります。

照射時間当たりの価格=ホワイトニングの価格

ホワイトニングに慣れていない場合、「照射時間あたりの価格はいくらだろう」ではなく「1回の価格はいくらだろう」と考えている方が多く、結局はかかった費用の割に効果がイマイチだったと残念な気持ちになってしまう方が多いんです。

例えば身体が重いときにマッサージ屋さんを探しているとします。”激安ほぐし1,000円!”という看板を見つけた時にすぐに「安いから行こう!」とすぐには思いませんよね?「何分間マッサージしてくれるんだろう?」と施術時間を確認するはずです。1,000円で5分間のマッサージなら、激安ではありませんね。

ホワイトニングも同じです。費用対効果を高めるためには、LED照射時間あたりの価格に注目してください。

ホワイトニングの効果まとめ

いかがでしょうか。ホワイトニングを検討している方の指標になれば幸いです。ネイルやまつげエクステなどのメイクには人の好みがありますが、歯のホワイトニングは数ある美容の中で唯一、行って損をするものではないはずです。自然な白い歯は全ての人に好印象を与えます。

日本でももっと歯を白くするブームが来ることはあるかもしれませんが、今までもこれからも、黄色い歯が流行ることは無いでしょう。天然の歯や差し歯の黄ばみでお悩みの方は、一度ホワイトニングを試してみることをおすすめします。