セルフホワイトニング新宿

ホワイトニング溶液

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

近年美容のケアとして始める方が多いホワイトニングですが、昔も今と同じく歯の痛みをなくしたいやしっかり噛めるようにしたいなどの歯が機能的に働くようにしたい願いだけではなく、歯の色を綺麗にしたいという審美的な文化があったそうです。ここではホワイトニングの歴史をについて紹介いたします。

ホワイトニングの誕生

歯のホワイトニングが世界で初めて行われたのは1844年です。ミョウバン(硫酸塩)を使用していたため、効果の高いものではありませんでした。
「歯のホワイトニング」という言葉が初めて世にでまわったのが100年以上もの前の1844年でアメリカの歯科雑誌に登場しました。
当時は歯の着色を落として白くする程度のホワイトニングでしたが1848年には次亜塩素酸ナトリウムやさらし粉を使用して歯を白くしていたそうです。
その後ミョウバンを使用したホワイトニングがありまいたがうまくはいかず1877年からは歯のエナメル質を溶かすシュウ酸を使って歯を白くしていました。

過酸化水素を使用したホワイトニングは1889年が最初です。過歯肉炎の治療に使用していた過酸化尿素に、歯を白くする作用があることを偶然に発見し、発表しました。過酸化水素で歯を白くする方法は1918年にDr.Kulsmierによって発見されました。やがて過酸化尿素を使ったホムホワイトニングが1968年に原型が出来ています。

ホームホワイトニングの誕生

現在歯科医院で多く用いられているホワイトニングは過酸化水素を主成分とし歯を白くしています。ホームホワイトニングは家で行うホワイトニングです。まず歯科医院で口の形にあったマウスピースを作り、ご自宅でそのマウスピースにホワイトニング剤を注入して一定時間装着します。
1960年代後半に、アメリカの矯正歯科医が歯肉炎になってしまった患者に対して、 マウスピースタイプの矯正装置の内側に過酸化水素を入れて装着したところ、 患者の歯が白くなったことに気づいたのがホームホワイトニング誕生のきっかけと言われています。

オフィスホワイトニングの誕生

オフィスホワイトニングはホームホワイトニングのような手順で歯科医院で行うホワイトニングです。一回の施術で白さを実感でき数回で理想の白さを目指せます。
オフィスホワイトニングの誕生は歯に過酸化水素を塗布して、 そのままプールサイドで昼寝をしていたところ歯が白くなっていることに気づいたのが オフィスホワイトニング誕生のきっかけと言われています。

現在のホワイトニングの需要

歯科医院でのホワイトニングは高価でありながら、セルフホワイトニングは比較的安価で歯を白くできるという点と安全なホワイトニングということから近年需要が高まってきております。

インターネットやSNSが普及しホワイトニングの知識や意識が知られ、気軽にホワイトニングを始める人が増加しています。
若者や男性の美容意識が高まってきており。男性も脱毛やネイルをすることが増えたことのように歯のホワイトニングが身だしなみの一つとして認識されることもあり利用する方が増えてきています。
またセルフホワイトニングでは非接触型の為、コロナ禍においても需要が高まってきているのです。

ホワイトニングミーではセルフホワイトニングを行っており、検温や店内のアルコール消毒、換気や加湿など感染対策を徹底し営業しておりますので安心してご来店頂けます。
また、ホワイトニングに欠かせない歯の白さを手に入れることだけなく歯周病・虫歯菌の抑制効果もございますので健康な歯をキープするためにも通って頂いてる方もいらっしゃってます。

Whitening me料金はこちら

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修