セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

「芸能人は歯が命」
このキャッチフレーズの由来をご存知でしょうか?

1995年に放送された歯磨き粉の“アパガード”のテレビCMから誕生しました。

美しい歯が特徴的な東幹久さんと高岡早紀さんが言い放つ「芸能人は歯が命」は当時の流行語大賞にも選ばれたほど。
この名言は大ブーム、アパガードは大ヒットを記録し、芸能人の歯=美しいという印象を世間に与えました。

歯が美しい芸能人たちのケア事情

「芸能人は歯が命」のフレーズが誕生したのが今から25年程前ですが、タレントや俳優さんがみんなキレイな歯だったかと言われると実はそうでもありません。

昔も歯列矯正やホワイトニングはありましたがメジャーではなかったので、女優さんや俳優さん以外は歯並びが悪かったり、歯が黄ばんでいたりと、一般人と同じような感覚だったと思います。

ホワイトニングや歯列矯正、セラミックなどで一気に芸能人の歯がキレイになったのは、ここ数年の間ではないでしょうか。

「垢抜けた」という表現を最近よく聞きますが、ダイエットやメイクの変化以外に、歯の矯正やホワイトニングをしたことでもっと美しくなった芸能人の方はたくさんいらっしゃいます。

元AKBセンター・指原莉乃さんの歯列矯正

テレビでも見ない日は無いくらい売れっ子の指原さん、プロデュースしたカラコンは大ヒットでインフルエンサーとしても活躍されています。

そんな指原さんも「歯を出して笑うのが苦手だった」時期があったのだそうです。
歯並びが悪いことをずっと気にしていたのだとか。

毎日人々に笑顔を届けるアイドルというお仕事をされていた中で、歯を出して笑うことが苦手だったとは相当につらかったでしょう。

今の指原さんの笑顔は真っ直ぐに整った歯並びが印象的ですね♪

人前に出るお仕事ゆえにセラミック矯正をする芸能人が多いですが、指原さんは歯列矯正を選択しました。
そのなかでも歯の裏側に矯正器具をつける「舌側(ぜっそく)矯正」を行っていたようです。裏側矯正ともいいます。

舌側矯正のメリット・デメリット

ここからは舌側矯正のメリットとデメリットを簡潔にお伝えします。

まずは舌側矯正のメリットから。

  • 矯正装置が見えないため周囲に気づかれない
  • 歯に着色しづらい
  • 唇側矯正に比べて虫歯になるリスクが低い

舌側矯正の一番のメリットは矯正装置が見えないことではないでしょうか。
歯列矯正を躊躇う理由として金額面や痛みなどありますが、「装置が見えてしまうのが恥ずかしい」と踏み出せなかった人も多いはずです。

舌側矯正がついている歯の裏側は唾液腺があるため常に唾液にさらされています。
唾液の静菌作用や殺菌作用により虫歯菌が増殖しにくい環境なのです。

そして歯に着色しづらい点も大きいメリットです。
唇側矯正の場合は装置によって歯の表面のブラッシングが困難なため歯が黄ばみやすいです。

「矯正が終わって装置を外した後に思ったより歯が黄ばんでいた」
「装置をつけていた部分との色の差が気になる」などのお悩みは、当サロンのお客様からもよく耳にします。

続いて舌側矯正のデメリットはこちら。

  • 唇側矯正に比べて費用が高い
  • 装置に慣れるまでは発音がしづらい
  • 歯磨きが難しい

歯列矯正は保険が適用されないのでただでさえ高額ですが、舌側矯正は唇側矯正に比べて費用が数十万円上がります。
表につけるブラケットは基本的に既製品を使用しますが、舌側矯正の場合は一人ひとりの歯並びに合わせてオーダーメイドで作る必要があります。

また歯の裏側は装置の調整に技術や時間がかかることも費用が高額になる理由のひとつです。

指原さんはご自身のツイッターでも「歯を出して笑うのが苦手だったので、先生方に本当に感謝です。やったー」と、歯科医の先生たちに感謝の言葉を呟いています。

福山雅治さんは電動歯ブラシを愛用

甘いルックスと歌唱力で女性人気はもちろんのこと、男性のファンもとても多い福山さんですが、歯もとても美しいんです。

福山さんが歯磨きの際に愛用しているのはフィリップスのソニックケアー・ダイアモンドクリーン
ご存知の方も多いのではないでしょうか?約2万円の高級電動歯ブラシです。

俳優仲間の役所広司さんにもプレゼントしたほどで、
「信じられないくらい歯がツルツルになる。これなしでは生きていけない」と感動を伝えたそうですよ(^_^)

ただし電動歯ブラシは正しい使い方を十分確認してからの仕様をおすすめします。
磨き過ぎなどが原因でかえってむし歯や歯周病になりやすくなってしまうパターンも。

デヴィ夫人は1日6~7回の歯磨きで徹底ケア

今年で80歳を迎えるデヴィ夫人はなんと28本すべての自分の歯を保っています。

歯の箇所によって歯ブラシを使い分けたり、1日に最低でも5回は歯磨きをしたりと、セルフケアが徹底されているんです。

海外生活が長かったデヴィ夫人は「日本人は歯への意識が低すぎる」と語っています。

デヴィ夫人のセルフケアについてまとめた記事があるので詳しくはそちらをご覧ください(^_^)

Whitening me料金はこちら

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修