セルフホワイトニング新宿

ホワイトニング溶液

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

歯列矯正中は歯のホワイトニングは出来るの??
と思った方もいるのではないでしょうか。

これは使用する矯正装置の種類や矯正部分に異なります。
ここでは歯列矯正中のホワイトニングについて紹介します。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けて三種類のホワイトニングがあります。それぞれのホワイトニングの特徴とワイヤー矯正中のホワイトニング可否についてです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で歯に薬剤を塗ってもらうホワイトニングで、主に過酸化水素を主成分としております。
オフィスホワイトニングでは歯の裏側にワイヤー矯正をつける舌側矯正であれば、矯正中でも施術を受けれます
注意をしなければならないのが歯列矯正中は知覚過敏になりやすいので濃度が高く刺激の強い薬剤を使うオフィスホワイトニングは歯にしみたり痛みが出るかもしれません。
表側に矯正している場合は矯正器具が邪魔になってしまいホワイトニング効果が落ちてしまいます。
オフィスホワイトニングはホワイトニングの効果が高いので矯正装置を外した際に、矯正装置がついていた部分とそうでない部分の色の差が出てしまう為、表側矯正をしている場合はオフィスホワイトニングが出来ないというクリニックがほとんどです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯科医院でマウスピースを作り、自宅で自分で薬剤を塗り、装着して行うホワイトニングです。
このようにマウスピースをつけて行うホワイトニングは矯正器具が邪魔になってマウスピースが上手く装着できない為、ワイヤー矯正中はホームホワイトニングは出来ません。

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとはサロンでホワイトニングを行ったり自宅でホワイトニンググッツを買って行うホワイトニングです。セルフホワイトニングサロンでは歯科医院で使用している歯を漂白する強力な薬剤が使えない為、代わりに歯の汚れを落とす溶液を使用しています。そのため、オフィスホワイトニングほど歯を白くすることはできませんが矯正器具がついていた部分とそうでない部分の色の差が比較的に分かりにくいのがセルフホワイトニングのメリットも言えるでしょう。サロンで行うセルフホワイトニングの場合はホワイトニングができる場合とできない場合があるので事前に確認が必要です。

マウスピース矯正の場合

マウスピース矯正の場合はホワイトニング時にマウスピースを取ればよいのでマウスピース矯正はホワイトニングの種類に関係なくホワイトニングが出来ます。しかし、インビザライン等で歯の表面にアタッチメントをつけることがあるのでアタッチメントをつけている部分だけはホワイトニングされない為考慮が必要です。

矯正中の着色汚れを防ぎ方

矯正中は器具をつけていることで歯ブラシが行き届かない部分が出やすくなってます。それにより食べかすや着色汚れが歯に付着したままだと、着色がしやすくなります。

・ホワイトニング歯磨き粉を使用する
・カレー、ワイン、コーヒーなど色の濃い飲食物を避ける。
色の濃いものは基本的に歯に付着しやすい汚れですので食べるのを避けるに越したことはございません。ですが色の濃い食べ物や飲み物をを口に入れた後はすぐに歯磨きやうがいをしましょう。
・アイスコーヒーなど色の濃い飲み物はなるべくストローで飲むと歯に極力付着せず飲み込むことができるのでストローの使用もおススメです。またマウスピース矯正の場合は、必ず外してから飲食しましょう。
・日々の習慣が着色汚れを防ぐ鍵になってきますが、歯科医院で定期的にクリーニングをしてもらいましょう

当店では歯列矯正中のホワイトニングを行うことができます。
歯並びを綺麗にすると共に歯を白くすることで器具を外した時によりいっそう歯が綺麗な印象になりますよ!
ご検討中の方は是非始めてみてはいかがでしょうか。

Whitening me料金はこちら

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修