セルフホワイトニング新宿

セルフホワイトニング初心者

セルフホワイトニングサロンには色々なタイプがありす。LEDの照射機器は同じタイプの店舗がほとんどですが、薬剤や施術の手順は異なる店舗が多いようです。ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

セルフホワイトニングの種類と違い

ほとんどのセルフホワイトニングは似たしくみではありますが、大きく異なるのは薬剤の種類とそれによる効果の違いです。

セルフホワイトニングで使用する薬剤の特徴

セルフホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院のホワイトニングとは大きく異なります。刺激が少なく施術後の制限がないというのはほぼ全てのセルフホワイトニングサロンに当てはまる特徴です。その中でも、セルフホワイトニングサロンによって異なる一番の違いは、【液体の薬剤】を使用しているか【ジェル状の薬剤】を使用しているかという点です。

液体の薬剤を使うセルフホワイトニングサロンは、汚れ分解機能に加えて「抗菌・殺菌機能」を充分に得ることができるため、歯表面や歯茎の抗菌につながります。当サロンでも、数回セルフホワイトニングを続けて頂いたお客様には、歯茎の色がピンク色に戻ったというお声をよく頂きます。歯茎を含めたオーラルケアの観点においては液体の薬剤の効果が期待できます。

一方でジェル状の薬剤を使うセルフホワイトニングサロンは、汚れを分解する機能は得られるのですが、歯のみに薬剤を塗ることになるためオーラルケアの観点では劣ることがあります。しかし、ジェル状の薬剤は慣れていない人でも扱いやすいため、セルフホワイトニングでの「薬剤を塗る」という手順が非常に行いやすく、利便性に優れています。

様々な【セルフホワイトニング】大切なのは?

セルフホワイトニングのサロンは昨今非常に増え始めており、専門店ではなくエステサロンやマツエクサロンなどの一角を利用して行う「併設型」の店舗が多くなってきました。

セルフホワイトニングはお客様自身で行うホワイトニングのため、施術自体に難しい点はないのですが、照射機材の扱いなどに注意をしないとホワイトニング効果が得られにくい場合があります。そのため、Whitening meでは定期的にスタッフ研修を行い、照射機器の扱いやホワイトニング効果を最大化するような手順を行っているかを確認しています。

セルフホワイトニングは大きなブームになろうとしています。大切なのはお客様に1回のご来店でどれだけホワイトニング効果に満足して頂けるかですので、初心忘れずに、丁寧なお店を続けていく所存です。