セルフホワイトニング新宿

セルフホワイトニング・色戻り

歯のホワイトニングの目標は、「できるだけ長く白い歯でいること」。なるべく戻りが無く、長持ちさせるためにはどうすれば良いのでしょうか。

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

ホワイトニングの戻り:期間

歯のホワイトニングは、一度行うことで永久に白い歯でいられるわけではありませんが、白くなっている期間を長くすることはできます。

ホワイトニングの効果の個人差とは

歯のホワイトニングにおいて、よく「効果には個人差があります」という言葉を耳にします。薬剤の種類やホワイトニングのしくみにかかわらず、ホワイトニングでどのくらい白くなるのかには個人差があるのですが、それと同じくらい個人差があるのが「どのくらい効果が長持ちするか」です。

ホワイトニングの戻りは、日常生活でのケアに左右されます。平均すると半年・長くて1年程度色が持ちます。大切なのは普段のホワイトニングへの意識です。

戻りを抑えるためにできる3つのこと

ホワイトニングの戻りを抑えるためには、まずは歯磨き。何回も歯を磨く時間が無い方は、ゆすぎをしたりガムを噛んで唾液を分泌させることでステインを抑制しましょう。

色が沈着する原理を押さえておきましょう

ステインが沈着するのは、「白いものを汚す」のと同じです。例えば白いシャツにカレーをこぼしてしまった場合にすぐに水で洗い流せば汚れの沈着を防げますが、1時間後に洗ってもしみが残ってしまいます。汚れをなるべく早く取り除くことで沈着を防ぐことができるのです。

そのため、できる限り早く【食事をした後には歯を磨く・歯を磨けなければ水でゆすぐ】ということが大切です。エナメル質が薄くなっている方の場合は、食後30分程度時間をおいて口の中のペーハーバランスを中性に近づけてから磨くと良いでしょう。研磨剤の入っていない歯磨き粉を選ぶと、尚歯へのダメージが減ります。

セルフホワイトニングで今までに溜まった汚れを落とす

特にホワイトニングが初めての方の場合は、ホワイトニングでの効果はかなり高くなります。毎日丁寧に歯磨きを行っていても、どうしても全ての汚れを落とすことはできません。歯医者さんのクリーニング(PMTC)であっても白くする効果があるものではありません。

今までに溜まった汚れを落とし、その間にしっかりとホワイトニングの習慣をつけることによって歯が白く維持できるだけではなく、虫歯や歯周病の抑制につながります。今日から白くて健康な歯を目指してみませんか。