セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

新型コロナウイルスの影響で、一年中マスクをする生活が日常になりました。

マスク生活になったことがきっかけで始めたことの中で、歯列矯正は上位にランクインするでしょう。

矯正によって歯並びを綺麗にすることで得られるメリットはたくさんありますが、矯正治療の前にまずは歯周病ケアから始めましょう。

マスク生活で急増中の歯の矯正

一昔前までは歯列矯正は子どもがやるイメージが強かったですが、ここ数年で大人になって矯正治療を始める人が増えてきました。

特に去年からは日常的にマスクをつける生活が当たり前になったこともあり、「マスク生活のうちに矯正しよう!」と決心する人が急増しているようです。

当サロンのお客様の中にも歯列矯正を始められた方が何人もいらっしゃいます。

「矯正は見た目がネックでなかなか踏み出せなかったけど、当面の間はマスクをつけていて矯正器具が見えないし、今しかないと思ってはじめました」

ちなみに、ホワイトニングミーでは歯の矯正中でもホワイトニングが可能です。
ワイヤー矯正の場合は歯磨きがしづらく汚れがたまりやすいので、着色を防ぐためにもおすすめです。

※歯科医院のホワイトニングなど、ホワイトニングの種類によって矯正中はNGの場合もあります。

歯の矯正で得られるメリット

歯列矯正はお金がかかりますし、数年間は治療を続ける必要があります。

辛いと感じる方も多い治療ですが、
「矯正をして本当に良かった」「やる価値はある!」とおっしゃる方がほとんどです。

それでは、歯列矯正で得られるメリットをご紹介します。

笑顔に自信がつく

まずはじめのメリットは、コンプレックスだった笑顔や口元に自信がつくことでしょう。
今まではカメラの前で歯を見せて笑えなかったという方が、笑顔に自信を持てるようになるんです。

自信がついて積極席にコミュニケーションが取れるようになり、対人関係に良い影響を与えるケースもあります。

歯磨きがしやすくなる

歯並びが悪い状態だと歯と歯が重なっている部分は磨きにくく歯石が溜まりやすいため、虫歯や歯周病になりやすいという事実があります。

実際に矯正治療を終えた人からは、「歯磨きがしやすくてストレスが溜まらない」「以前よりも短い時間で歯磨きが終わる」などの声がありました。
お口の健康を維持するためにも歯列矯正は意味があるといえるでしょう。

ご飯を美味しく食べることができる

歯と歯の隙間に食べ物がつまる、前歯で嚙み切れない、こんな経験はありませんか?
ちょっとしたことですがこれって地味にストレスなんですよね。

歯並びが整うことで上記のことが改善されるなど、咀嚼機能の向上にもつながります。

歯に挟まりやすいから…という理由で避けてきた食べ物にも挑戦できるので、いろいろな美味しいものが食べられるようになります。

矯正の前には歯周病の治療を

大人になってから矯正をするメリットはたくさんありますが、もちろん注意点もあります。
最も気を付けなければならないのが、歯周病です。

歯周病とは、歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットという部分に歯垢が溜まることで起きる感染病です。
一度進行すると元の状態に戻すことはほぼ不可能で、放っておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

成人の約8割が歯周病

厚生労働省の調査によると、歯周病の患者数は国内で400万人弱。
これは歯医者に通っている人の中での数字のため実際はこれより遥かに上回るでしょう。

また、歯周病はサイレント・ディシーズ(静かなる病気)とも呼ばれており、かなり進行した状態になるまで気がつかない人も多いです。
そのため成人の約8割が歯周病や歯周病予備軍だとも言われています。

歯周病が悪化する

歯列矯正はワイヤーやマウスピースなどの矯正装置を使って、歯に継続的に力をかけて少しずつ位置を動かしていきます。

そのため、歯周病の状態のまま歯を動かすと歯周病がさらに悪化してしまう恐れがあります。

ですので矯正を始める前は虫歯や歯周病がないかチェックし、その治療を終えてから始めることがマストです。

歯周病を放置したまま治療をはじめてしまうクリニックもなかにはあるようですが、最悪の場合、歯を失うことになりかねません。

カウンセリングを受ける際はいくつかのクリニックに足を運ぶことをおすすめします。

歯並びが悪くなる

もともと歯並びが良かったある30代の女性が、「なんだか歯並びが悪くなったような気がする・・・」と矯正歯科を受診したところ、歯周病が原因だったそうです。

歯周病が原因で歯並びが悪くなっていることがわかり、まずは歯周病の治療を開始することに。

1年ほどかけて歯周病ポケットの清掃や骨の再生治療を行い、矯正治療に入ることができたそうです。

矯正中もオーラルケア

歯周病のチェックと治療は矯正前に済ますことが重要とお伝えしてきましたが、矯正中のオーラルケアも大切です!

歯列矯正中は歯磨きがしづらいことで歯垢がたまりやすく、虫歯や歯周病になりやすい状態です。

当サロンでは予防歯科の観点から開発された溶液を使用してホワイトニングを行います。

抗菌・殺菌機能があるため、歯を白くしながらオーラルケアも同時にできる一石二鳥のホワイトニングです(^_^)

矯正中の方も多く通ってらっしゃいますので、気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください♪

Whitening me料金はこちら

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修