セルフホワイトニング新宿

Whitening me料金はこちら

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

インプラントセラミック等、今では歯の色やキレイさにこだわる人達が増えてきましたね!
でも、歯磨き粉は自分に合うものが分からず、以前と同じものを使っている方は多いのではないでしょうか。
今日は、そんな方々の手助けになればと思い記事を描いていきます!

ベストな歯磨き粉とは

まず、研磨剤の粒子が小さいものを選びましょう。
研磨剤の粒子が大きいものは荒い紙やすりのように汚れと一緒に歯の表面にあるエナメル質も削ってしまします。
エナメル質は歯の2~3mmという薄さで表面を覆っていて、病気の原因になる様々なものから歯を守ってくれていますので削れてしまっては大変です。

次に発泡剤が少ないものを選びましょう。
歯を磨いている際に泡立ちがいいと磨けている気になってしまいませんか?
実は泡が出ているだけでしっかりと磨けていないという事実が、以前から話題になっています。

そして「薬用」と記載のある歯磨き粉を選びましょう。

インプラント、セラミックには?

・研磨剤の粒子が入っていないもの
汚れは確かに落ちるのですが、効果は一時的であり、削れた部分に汚れが付きやすくなってしまう。

・「炭酸カルシウム」「ケイ素」を含まないもの
研磨剤を含めて際していることが多い。

この辺りを気を付けて選ぶことが良いそうです!!

よくある質問

・フッ素入りの歯磨き粉を使ってもいいのか・
フッ素にはインプラントを腐食させてしまう効果もあるが、日本で市販されている歯磨き粉であれば問題ありません。市販されている歯磨き粉に含まれているフッ素の濃度は、1,000~1,500ppm程度。インプラントが腐食してしまう1,500ppm以上の量を含まないので、使っても問題ありません。
フッ素そのものには自然歯を初期虫歯から守る効果があり、歯質を強化することに役立つため、むしろ自然歯のケアのためには使用することをおすすめします!

当店でもホワイトニングに特化した歯磨き粉を扱っていますので、ご興味ありましたら、是非、ご連絡いただければおと思います!!

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修