セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニング専門店Whitening meです。セルフホワイトニングにも色々な店舗形態があります。エステの一角で行っているセルフホワイトニングから、当店のようなホワイトニング専門店もあります。セルフホワイトニングの安全性や裏話に迫ります。

Whitening meではセルフホワイトニングをご提供しています。「セルフ」と冠するとガソリンのセルフスタンドのように全ての作業をご自身で行うようにも思われるかもしれません。当サロンは専門店ですので、重要な作業は専門スタッフが行う「半セルフ」形式を取ることで安全性を高めています。

セルフホワイトニングは安全?

セルフホワイトニングの問合せセルフホワイトニングでは酸化チタン・ポリリン酸などの薬剤を使っている所がほとんどです。特に酸化チタンについては、食品にも使われている無機化合物のため安全にお使い頂けます。

「半」セルフホワイトニングは非常に安全にお使い頂けます

多くのセルフホワイトニング店では、スタッフが簡単に使い方を説明するか、説明書が置いてある状態でお客様自身で施術を行うという形をとっています。(特にエステなどの一角で行われているサロンに多いです)

当サロンではホワイトニング専門店ならではの特長を活かして、歯の色味の確認・適正な薬剤散布・LED照射機の調整を全て専門スタッフが行います。従来のセルフホワイトニングにありがちだった薬剤の塗りムラや機械の当て方の不都合により効果が薄れるというデメリットを無くし、低価格で効率的に歯を白くできるセルフホワイトニングのメリットを十分に感じることができるしくみで運営をしております。

セルフホワイトニングが初めての方は、不安なものです。ほとんどの方が、「痛みやしみの後遺症は出ないの?大丈夫かな」と思いながらも歯を白くしたいという一心でご来店頂くわけです。そのようなお客様が、施術が終わった後に痛みやしみがなくホッとした表情と共に、白くなった歯を見ながら喜んでいる姿はスタッフとして何よりも嬉しいです。

薬剤から見る安全なセルフホワイトニング

セルフホワイトニングと歯医者でのホワイトニングは、セルフか、セルフでは無く歯科衛生士さんが施術をしてくれるか、という違いだけではなく使用する薬剤に大きな差があります。

歯医者さんのホワイトニングの薬剤

歯医者さんのホワイトニングでは、「過酸化水素」が含まれた薬剤が使われています。過酸化水素には強力な漂白成分が含まれているため、歯医者さんのホワイトニングでは真っ白な白さまで目指すことができます(1回で真っ白になることはまずありません)。

真っ白まで目指すことが出来るかわりに、歯の表面を少し溶かします。知覚過敏というしみる症状が多くの方に出ます。それでも真っ白に漂白したいと思っている方は挑戦します。歯が一時的に溶け、痛み・しみが起こることと引き換えに白さを手に入れることになります。2~3年に一度が目安です。

当サロンのホワイトニングの薬剤

当サロンでのホワイトニングでは、「酸化チタン」が含まれた薬剤を使っています。酸化チタンはLEDの光を当てることで光触媒となり、汚れを分解する効果があります。過酸化水素とは違い歯の芯の部分(象牙質)までは到達しないため、全く痛みませんし、しみません

ただしどうしても混じりけのない真っ白を目指す方には向きません。目指すことができる色味は歯の本来の色味までです。真っ白にほんの少しだけクリーム色が入った自然な色味(テレビに出ているモデルさんのような白さ)までが限度ですが、長くLED光を当てることにより、ほとんどの方が1回のご来店でも白さを実感することができます。

当サロンのホワイトニングは、けして安かろう悪かろうではありません。また、ご来店は限られた数のお客様に限定しております。お客様の回転率を無視することによって、LED光の照射時間を長く取ることができて一人ひとりのお客様の歯が白くなりやすくなります。その結果口コミで広げて頂いて今のお店があることを大変感謝しております。これからもWhitening meをよろしくお願いいたします!