セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニングサロンWhitening meです。ホワイトニングで効率的に歯を白くするためには間を開ける期間はどのくらいなのでしょうか。間を開ける期間とホワイトニング効果の関係をご説明します。

当サロンでは1回のホワイトニングご来店で効果を実感したい方におすすめの新しいタイプのホワイトニングを行っています。今までのホワイトニングサロンでは、LED光の照射時間を短くしてお客様回転率を上げることで利益を上げてきました。当サロンでは回転率を無視してLED光の照射時間を長くしてお客様満足度を上げることで口コミでたくさんのお客様にお越し頂いております。
料金はこちらtop施術手順バナーtopよくあるご質問top

ホワイトニングの間を開ける期間はどのくらい?

ホワイトニングの間の期間ホワイトニングの効果には個人差がありますが、一回で希望の白さになることはまずありえません。

間を開ける期間

ホワイトニングで間を開ける期間は、

  • どの程度の白さを維持したいのか
  • どのような歯磨きを行っているか
  • 日々のホワイトニング意識

の3つに左右されます。

希望の白さによる間を開ける期間

一口にホワイトニングと言っても、どの程度まで白くしたいかというのは人によります。

日本人の平均的な着色がある人の場合、人に清潔だと思われる自然な白さを維持するためには約2ヶ月~半年に一度のホワイトニングで充分です。

モデルさん・タレントさんなど歯の見た目が直接影響する仕事をされている場合は、かなり白い歯を維持する必要がありますので、約2週間~6週間に一度ホワイトニングをすることでしっかりとキープされています。

当サロンのホワイトニングは、歯医者さんのホワイトニングとは異なり間を開ける期間が短くても歯に悪影響を与えないどころか、逆に歯が強くなっていきます。歯医者さんと当サロンのホワイトニングの違いについてはこちらに詳しく書かれています。

 歯磨きのやり方による間を開ける期間

ホワイトニングの効果を長持ちさせて、間を開ける期間をのばしても白さを長持ちするためには、丁寧な歯磨きが欠かせません。

毎食後は必ず歯を磨くことが望ましいです。ですが、何度も歯を磨いて歯が削れたりしないの?というご意見をいただくことがあります。

当サロンでは、一日に3回以上歯を磨く方へは、ホワイトニングの間を開ける期間を長くするためにも「研磨剤なし」の歯磨き粉をおすすめします。研磨剤が入っていない歯磨き粉を使うことで歯自体を強化することができます。

日々のホワイトニング意識による間を開ける期間

最後に日々のホワイトニングの意識も大切だということに触れておきます。

赤ワインやコーヒーなど、お酒や趣向品の中には着色性食品といい、歯に直接着色をもたらす食品と、着色補助食品といい着色性食品の着色を補助してしまう食品が存在します。着色しやすい食品をもっと知りたい場合はこちらをご覧ください。

そしてダイエットと同じように、毎日少しずつ意識をしながら生活することがとても大切です。ホワイトニングサロンで体験したことをきっかけに、劇的に歯が白くなる方が少なからずいらっしゃいます。そういった方は、ホワイトニングに通う間を開ける期間が短いわけではなく、日々のメンテナンスに気を使い、それを継続しています

ホワイトニングの間を開ける期間まとめ

ホワイトニングは、間を開ける期間も大切ですが、間を開ける期間を伸ばして経済的・効率的に白くするためにも日々のメンテナンスが欠かせません。

そして、歯を白くするという意識を持つことで、自然と歯周病の抑制につながります。20代~30代の方にはまだ信じられないかもしれませんが、多くの方には歯周病がゆっくりと忍び寄ってきています。

40代以降の方は、歯周病を抑制することが直接口元の美しさへとつながります。歯周病が進行して歯が抜け落ちた状態では歯がいくら白くなっても清潔な印象を与えられません。歯の健康と美容を両立させる新しいホワイトニングを、一度試してみませんか。