セルフホワイトニング新宿

目の白さと歯の黄ばみ

歯を白く清潔に見せたいという思いは万国共通の美容ですよね。顔の中で歯の印象を決めるパーツはどこでしょうか。実は、目の白さと歯の黄ばみには関係があります。

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!96%のお客様に”白くなった”とお答え頂いております。1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです♪

目の白さと歯の黄ばみ

歯の黄ばみが気になる!何度も歯磨きをしたのに黄ばみが取れない・・・。という方は本来であればホワイトニングをお試し頂くと黄ばみが取れて白くなるものです。

口元の印象は目の印象も関係している?

ですが、実は歯の黄ばみは目の白さによっても目立ってしまいます。目の白さだけではなく肌の色・唇の色などよっても歯の白さの印象は変わります。

せっかく丁寧に行っているメイクのせいで歯が黄ばんで見えてしまっては、元も子もありません。しかし多くの方は歯の黄ばみとの関係を無視してメイクをしています。化粧中に歯を見たことがありますか?他人と会話をしている時は口を閉じた状態よりも歯を見せている状態の方が長いのです。

目の白さが基準になる

人の顔で白い部分は白目の部分と歯だけです。全く同じ歯の二人がいたとしても、目の白さが白い人のほうが歯が黄ばんで見え、目の白さがすこし曇っている人の方が歯が白く見えます。

これは人間が、顔の中で二箇所しか無い白い部分を比較して白いのか・黄ばんでいるのかという印象を決めるからです。ファンデーションの白さにも同じことが言えます。肌をファンデーションで白くすればするほど歯は黄ばんで見えるのです。芸能人の方やお笑いの方が白塗りの化粧をしてテレビに出ている時に黄ばみが気になったことはありませんか?白塗りをすると白塗りの白さが基準になってしまうのです。

つまり、目が透き通って綺麗な方や肌が色白の方は歯の黄ばみが目立ってしまう傾向にあります。意外と自身ではわからないことではありますが人からはそのように見えてしまうのです。

目が白い方は歯の黄ばみに気をつけて

このように目が白い方は歯の黄ばみに気をつけないと、普通の方よりは損してしまうことがあります。ホワイトニングに来る方で、昔から黄ばみが気になっているというご相談をされる方の多くは肌が白い方です。

もちろん日本人(黄色人種)は、元から欧米人に比べて肌が黄色いので真っ白な歯にする必要はありません。肌の色にあった自然な白さに戻すだけで黄ばんだ印象を与えなくなります。黄ばみが気になる方はぜひ一度ホワイトニングをお試しください。