セルフホワイトニング新宿

歯の黄ばみは落ちる

歯のホワイトニング専門店Whitening me新宿です。ホワイトニングで歯の黄ばみはどのくらい落ちるの?というお問い合わせを多く頂きます。今回は歯の黄ばみのパターン別に落ちる程度をご案内します。

歯のホワイトニングをもっと身近に♪Whitening meホワイトニングお試しキャンペーン実施中!

歯の黄ばみが落ちる程度について

当サロンのホワイトニングが初めての方からは、どの程度歯の黄ばみは落ちるのですか?というご質問を多く頂きます。実際に歯を確認するとある程度の目安はわかるのですが、今回は状況別に歯の黄ばみが落ちる程度をお伝えしますので参考にしてください。

ホワイトニング経験の有無

ホワイトニングを一度もしたことがない場合は、数年分の黄ばみがたまっていると考えられます。このため、ホワイトニング経験がある場合に比べて黄ばみが落ちることを実感しやすいと言えます。1年以内にホワイトニングをした場合でもあまり効果を実感できなかったのであれば黄ばみが残っていると考えられるため、効果を実感しやすいです。※前回のホワイトニングから半年以上経っている場合はほとんどの方が白くなったとお答え頂いております。

1ヶ月に1回程度ホワイトニングを行っている方の場合は(白くならないことはありませんが)劇的な効果は期待できません。歯の健康も兼ねて、メンテナンス程度にお考えください。

歯並びの良し悪し

歯並びが悪い方の場合は、普段の歯磨きであまり汚れが落ちて居ない場合が多いです。そのため1回のホワイトニングの効果を実感しやすいといえます。部分的に歯並びが悪い箇所は非常に黄ばみが落ちやすいです。

差し歯をしている場合

セラミックなどの差し歯は、経年で劣化した変色は白くできませんが、表面の黄ばみを落とすことは可能です。歯科医院のホワイトニングでは差し歯を施術できないのでご注意ください。差し歯を入れてからある程度(1年以上)の期間が経過している場合は表面の黄ばみを落とすことで白くなる場合がほとんどです。

コーヒー・カレー・赤ワインの3大天敵

コーヒー・カレー・赤ワイン(+タバコ)は、いわばホワイトニングの3大天敵です。この3つを好む方はホワイトニングの意識が高くない限り歯の黄ばみが多く溜まっています。かなり黄ばみが落ちることが期待できるでしょう。

歯の黄ばみが落ちる程度まとめ

このように、歯の黄ばみが落ちる程度には皆様の歯の状態によって差があります。黄ばみを落とした後は半年以上は効果が持続するため、できるだけ効率よく黄ばみを落とすホワイトニングをご検討ください。

現在のホワイトニング

ホワイトニングは近年では身近な美容になってまいりました。従来のホワイトニングとは異なり痛み・しみが無いホワイトニングの台頭によって安全性が高まったことが要因だといえます。

ですが価格・効果には施設によってばらつきが大きいため、費用対効果が低いホワイトニングが存在することも事実です。ホワイトニングの価格や効果をしっかりと比較してご自身にあったホワイトニングをご検討ください。