セルフホワイトニング新宿

セルフホワイトニングテレビ雑誌

セルフホワイトニングはテレビや雑誌の影響で大きく広がりを見せています。セルフホワイトニング流行の背景には施術の簡単さと意外な効果があります。ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

セルフホワイトニングは、リスクがありません

皆様は従来から行われているホワイトニングのリスクをご存知でしょうか。過酸化水素が35%含まれた薬剤を塗布して光を当てるというホワイトニング。これは歯科医師の厳密な管理の元行われるほど技術が求められる施術です。

過酸化水素は歯の細かい傷に入り込み、強烈な痛みや知覚過敏を伴うことがあります。知覚過敏の症状は数週間続くこともあるため、過酸化水素を用いたホワイトニングを行う際にはリスクを十分にご理解の上行う必要があります。

セルフホワイトニングの安全性

一方でセルフホワイトニングは、過酸化物を使用せずに歯を白くする方法です。歯の中身を漂白するホワイトニングとセルフホワイトニングでは仕上がりの色が異なります。

酸化チタンを主成分としたセルフホワイトニングは、歯の内部に刺激を与えずに歯の表面の汚れを分解します。青色のLEDライトを当てる点・薬剤を塗る点は歯科医院のホワイトニングと同様ですが、白くなる原理が異なります。セルフホワイトニングの場合は、痛みや刺激・後遺症リスクがありません

セルフホワイトニングで目指す色

過酸化物を使用したホワイトニングの場合は、歯のエナメル質を白くして真っ白な色を目指すことになります。一方でセルフホワイトニングは、歯の表面の汚れを分解して自然な白さを目指します。

芸能人のような白い歯を目指す場合は、まずはセルフホワイトニングで歯の表面の汚れを分解してから過酸化物のホワイトニングを行うことをおすすめします。過酸化物のホワイトニングには歯科医院で行われる「オフィス・ホワイトニング」と自宅でマウスピースを着用して行われる「ホーム・ホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、セルフホワイトニングとの併用が可能です。過酸化物で白くした歯をキープするのにもセルフホワイトニングが非常に有効です。

セルフホワイトニングとホームホワイトニング

歯医者さんのホームホワイトニングを行っている人の中には、セルフホワイトニングと併用している方が非常に多いです。理由は大きく分けて2つです。

セルフホワイトニングは歯に後遺症を残さない

真っ白な歯を目指すのであれば、一度セルフホワイトニングを行った後にホームホワイトニングを行うと効果的です。ホームホワイトニングは、継続して行うと歯にダメージが残ることがあります。これは歯の表面の細かい傷が引き起こす痛みで、歯科医院によってはオフィスホワイトニングの前にロキソニンなどの鎮痛剤を飲んでから施術を行う医院もあります。

ホームホワイトニングの頻度を下げてセルフホワイトニングを併用することにより、ホームホワイトニングを継続することによるリスクを軽減することができます。

歯の内部・表面どちらも白くすることができる

過酸化物のホワイトニングとセルフホワイトニングではしくみが異なるため、歯の表面・内部共に白くすることができるのがセルフホワイトニング併用のメリットだといえます。2種類のホワイトニングを併用することで、どちらの黄ばみも落とすことができます。

芸能人の方の歯が白い理由の多くは、セラミックの歯を入れているというところにあります。セラミックの歯は一度入れると過酸化物のホワイトニングができないため、表面の汚れを分解するセルフホワイトニングで白さを維持することになります。

セルフホワイトニングまとめ

セルフホワイトニングは、特にホワイトニング初心者の方におすすめのリスクの無いホワイトニングです。ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングと併用することで理想的な白さが手に入ります。

ホワイトニング初心者の方は、セルフホワイトニングをぜひ一度お試しください♪