セルフホワイトニング新宿

歯科医院のセルフホワイトニング

セルフホワイトニングは、専門店のみならず歯科医院でも導入が進んでいます。Whitening meはセルフホワイトニング専門店の老舗として、これからも安心・安全なホワイトニングを心がけます。ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

歯科医院でのセルフホワイトニング導入・開業

以前は「ホワイトニング」といえば歯科医院でのオフィスホワイトニング・自宅で行うホームホワイトニング・もしくは肌の美白のホワイトニングを指すものでありましたが、2015年頃より「セルフホワイトニング」という言葉が浸透して参りました。

セルフホワイトニングは歯科医院への導入も進んでいます

歯科医院では2000年頃より過酸化物を使用したホワイトニングが一般的に行われてきました。過酸化物を使用したホワイトニングは真っ白な歯を目指せる一方で、白さの維持が難しく、施術中の痛みや後遺症のリスクがあるため歯科医の先生の中にも否定的な方がいらっしゃいます。

セルフホワイトニングで使用する溶液の主成分は酸化チタンで、医薬部外品にあたります。酸化チタンに波長を合わせたLED光を数分当てることによって光触媒を発生させて歯の汚れを分解するホワイトニングです。

歯科医院のセルフホワイトニングは割高?

歯科医院でのセルフホワイトニング(酸化チタンの溶液を使用したホワイトニング)では、歯科医師や歯科衛生士が施術をフォローしてくれる医院もあります。

セルフホワイトニングは本来、”セルフ”で行える施術であるため、歯科医師・歯科衛生士が施術を行わなくても可能なホワイトニングではあります。フォローしてもらうことでスムーズにできる面はありますが、一部では過酸化物を使用したホワイトニングと同額で施術を行っている医院もあるようで大変驚きです。もちろん、歯科医師の先生に行ってもらうという安心感はあるとは思いますが。

セルフホワイトニングにおける”失敗”はあり得るのか

オフィスホワイトニングでは、知覚過敏の症状が出ることは仕方がないことです。個人差がありますが我慢ができないような痛みを伴うことも少なくありません。また、薬剤を歯に塗る際には歯茎を保護するのですが、歯茎に薬剤がついてしまうことで歯茎がただれるという失敗が起こる可能性があります。

それではセルフホワイトニングにおける”失敗”とは何なのでしょうか。
セルフホワイトニングでは、歯茎にも溶液を散布してLED光を照射するため、溶液の塗りすぎで歯茎に悪影響を及ぼすことはありません。また、エナメル質に刺激を与える成分が入っていないため知覚過敏の症状が出ることもありません。強いて言うならば薬剤を塗る際に服が汚れる可能性があることぐらいでしょう。

ノーリスクで歯の表面の汚れを分解するホワイトニングのため、今まではホワイトニングに抵抗があった方にも気軽に試していただけるホワイトニングなのです。テレビメディアでの露出も重なって、ホワイトニングに挑戦する方が増えています。