セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニング専門店Whitening meです。口臭抑制に効果があるホワイトニングをご存知ですか?今までどうしても取れなかった口臭はホワイトニングで取れる可能性があります。

口臭対策には、歯磨き・ガムを噛む・マウスウォッシュを使うなどがありますが、口臭が出てからではなく口臭が出る前の抑制も大切です。

ホワイトニングで口臭抑制ができる?

ホワイトニングで口臭抑制カウンセリングの際に、「当サロンのホワイトニングは口臭抑制にもつながります」とご説明すると「えっ?ホワイトニングって歯を白くするためにやるものじゃないの?」というお答えが返ってくることが多いです。

口臭抑制ができるホワイトニング・できないホワイトニング

ホワイトニング経験者の方はご存知かと思いますが、歯医者さんで行うホワイトニングとホワイトニングサロンで行うホワイトニングには使用する薬剤に大きな違いがあります。

歯医者さんの場合は主に歯を漂白する成分(過酸化水素)で歯を白くするため、歯や歯ぐきにはダメージが残ります。歯を少し溶かして漂白するのが目的のため、口臭を抑制する効果はありません。ホワイトニングといえば痛い・しみるなどのイメージを持っている方はこちらのホワイトニングをイメージされています。

サロンで行われているホワイトニングは、漂白する成分を使用するのではなく汚れを分解して本来の歯の白さに戻すホワイトニングを行っています。ですので歯医者さんのホワイトニングのように”真っ白”な白さではなく自然な白さになります。当サロンのホワイトニングの場合は過酸化水素ではなく酸化チタンを主成分とした薬剤を使用しています。この酸化チタンの特長から、ホワイトニング本来の目的である汚れ分解機能に加えて抗菌・殺菌機能と消臭機能を発揮するため、口臭の抑制につながります。

そもそもの口臭の原因をつきとめてホワイトニングする

歯磨きをしていない・臭いものを食べた・・・など口臭の原因には色々なものがあります。口臭の原因を大きく分けると、飲食物による口臭と病気による口臭に分けられます。

飲食物による口臭

これはニンニク・ニラ・ネギなどの臭いが強い飲食物を口にしたり、アルコールや喫煙などで一度体内に取り込まれた成分が血液中に溶けて全身を回り、肺から息として吐き出されることによる臭いです。歯を磨いても解決しないことが多いですし、こちらの口臭はもちろんホワイトニングでは治すことができません。

病気による口臭(病的口臭)

病気による口臭の原因には、呼吸器系や消化器系の病気が考えられますが、原因のほとんどは歯周病です。

歯周病というのは生活習慣病と同様で病気の名前ではなく、歯垢・歯石・歯肉の炎症などによって引き起こされる歯や歯ぐき付近の病気の総称です。歯周病は治すことが難しい病であると言われていましたが、近年歯周病の治療は急速に進歩を遂げ、今では健康な歯を取り戻すことが可能になりました。

歯周病が進行すると細菌によって引き起こされた炎症の周りから膿が出るため、強烈な口臭の原因となってしまいます。

一番気をつけるべき歯周病をホワイトニングで抑制する

日常的に起こる口臭の天敵は歯周病です。歯周病を抑制することが口臭の抑制につながります。

歯周病になる原因

歯周病の原因のほとんどは歯垢によるものです。歯垢を残さないこと(プラークコントロール)を意識していない方は知らず知らずの内に残った歯垢が歯や歯ぐきを蝕んでしまいます。

歯周病抑制の基本は歯磨き

歯垢を残さない歯磨きが歯周病抑制の基本です。毎食後に丁寧な歯磨きをすることが歯周病抑制の一番の対策になります。

歯周病は初期・中期には痛みをあまり感じることがありません。痛みを感じるのは完治が難しい末期になってからです。それまではほとんど自覚症状が無いのです。歯に違和感を感じる前から口内のケアを怠らないことが重要です。

歯の白さと歯周病抑制を同時に行うホワイトニング

女性が歯を磨く理由の90%以上は「美しい歯でいたい」「口臭を抑制するため」といわれています。美しい歯でいることはもちろん大切なことですが、歳を重ねると、「健康な歯こそ美しい」状態になります。歯周病で削られた歯や歯ぐきではとても美しい歯を維持しているとは言えません。

歯のホワイトニングをする方はもちろん「歯を白くする」ことを目的にご来店されます。ですが、歯を白くするためならなんでもする!というのはあまりにも危険です。将来の歯にダメージが残るホワイトニングももあります。特に市販のホワイトニング用グッズを試す前には是非ご相談いただければと思います。