セルフホワイトニング新宿

「ビューティスマイル溶液」ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。
身体の健康のために食事を気を付けたり運動をしたりしているひとは多いと思います。
しかし歯の健康を気にしている人はそこまで多くないのが現状です。
しかし、身体の健康くらい歯の健康は大切です。今日は歯の健康について紹介していきます。

歯の健康とは

みなさん歯の健康といってもあまりピンと来ない方もいると思います。
歯の健康は全身の健康と繋がっています。毎日習慣で行っている歯磨きなどは口の中を守るだけでなく、全身の健康を守ることにも繋がっています。
歯が不健康な状態になると歯周病を引き起こしてしまったり、むせ、食べこぼしなどの些細な口の衰えをきっかけに口の機能が低下し、食べる機能の障害の繋がっていきます。

歯を失う一番の原因は歯周病

現代の日本では歯周病で歯を失う人がかなり増えているのが現です。さらに高齢になると歯を失うリスクがかな高くなっていきます。
歯周病は歯を支えている歯肉が徐々になくなっていてしまう恐ろしい病気です。日頃の歯磨きや、治療をせすに放置しておくと、やがて歯がグラグラになり歯を失うことになってしまいます。

日頃のお手入れをしっかりしよう

歯周病は日常の歯ブラシなどでしっかりお手入れして予防するというとが大切です。
特に歯周病に直接的にかかわってくるのが「歯垢(プラーク)」です。プラークとは、歯の表面や歯と歯の隙間に付着した細菌の塊のことです。
日頃からプラークをつきにくくするとともに、歯に付着したプラークを歯ブラシだけでなくデンタルフロスを使ってしっかり汚れを落とすことが大切です。

プラークコントロール

プラークコントロールは名前の通り、プラークを減らしていくことです。
プラークコントロールは歯周病対策にはとても効果的なセルフケアです。
歯周病の原因となるプラークをしっかり減らしていきましょう。

歯を健康に保つには

歯を健康に保つために心がけることは身体の健康を保つための習慣と同じです。

  • 栄養バランスの摂れた食事をする
  • 食事はよく噛んで食べる
  • 食後に歯磨きをする
  • むし歯を放置せずにきちんと治療する
  • 歯医者で定期的に歯垢を除去する
  • デンタルフロスなども使い日常の歯ブラシを丁寧に行う

歯周病予防は日頃のケアがとっても大切です。
口内環境以外にも食生活や喫煙、睡眠、ストレスなども大きく関わってくるので、生活習慣を整えることも大切です。
歯も身体も健康を目指していきましょう。

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修