セルフホワイトニング新宿

虫歯がある状態でのホワイトニングについて

ホワイトニングをしたいけれど、虫歯がある。。ホワイトニングと虫歯の治療を同時にやりたいのですが、いいですか?というご質問をいただくことがあります。これは、「ホワイトニングの種類によります」とお答えしています。白い歯のカップル

ホワイトニングの溶液には大きく分けて2種類あります。1つは歯医者さんで主に行われている「過酸化物」を使ったホワイトニング、もう1つは主にホワイトニング店で行われている酸化チタンを使ったホワイトニングです。過酸化物を使ったホワイトニング溶液の一部では、虫歯治療の跡で入れる詰め物と歯の接着を弱める働きをする成分があります。ですので、ホワイトニングと虫歯治療を並行して行うと、詰め物が歯にしっかりと接着されずにぐらついてしまう可能性があります。

また、歯医者さんによっては詰め物をする予定の虫歯の場所を避けてホワイトニングを行うところもあるようですが、どうしてもホワイトニングができる歯とできない歯に差ができてしまうため、治療とホワイトニングを同時に行うのではなくどちらか一方に専念する方が満足する歯になる可能性は高いといえます。

ホームホワイトニングは虫歯の箇所を避けることができない

歯医者さんにマウスピースを作ってもらい、家で行うホームホワイトニングの場合は虫歯をよけることができません。マウスピース全体に溶液を入れて行うために一部をカバーして避けることができないためです。ホームホワイトニングの場合はオフィスホワイトニング(歯医者さんで行うホワイトニング)に比べて濃度の薄い溶液を使っていますが、それでも虫歯の程度によっては染みる可能性があります。また、被せ物や人工の歯の部分はホワイトニングの効果を得ることができないため、どうしても詰め物の色が気になる場合は歯医者さんと相談の上で、ホワイトニングを行って周囲の歯を白くしたあとで詰めものの色を周りの歯になじむ色に決めて入れるといいでしょう。白い歯のママ

一方で酸化チタンを使ったホワイトニングの場合は、虫歯の治療とホワイトニングを併用することができます。虫歯が染みたり、詰め物を溶かす成分が含まれていないからです。ですが、「常温の水に染みるような深い虫歯」がある場合はしみますのでご注意ください。もちろん、すぐに歯医者さんで治療されることをおすすめします。

また、当店が使用しているビューティホワイト溶液には、「抗菌・殺菌機能」と「消臭機能」が加わっています。これは、口内炎や歯周病の抑制・口臭抑制にも効果が期待できます。歯を白くするのはもちろんですが、歯の健康のために通って頂いているお客様もたくさんいらっしゃいます。

歯を白くしたい!という思いで毎日の歯磨きを意識していただくことで、歯の健康維持にもつながります。健康な歯は欠けづらく変色しにくいものです。ホワイトニングを始める方は、歯磨きのやり方やペースをもう一度見直して良い口内環境を作るきっかけにしてもらいたいですね。

料金はこちらtop施術手順バナーtopよくあるご質問top