セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

歳をとると歯ぐきが下がってきたり・・・
歯が抜けて入れ歯にしたり・・・

歯周病=高齢者の病気と捉えている方が多いかと思います。

しかし、若者だって歯周病にならないわけではないのです!
むしろ現代では、若い方の歯周病も非常に増えてきています。

厚生労働省が2011年におこなった「歯科疾患実態調査」によると、
15-19歳ですでに4.5%、20代では14%、30台はなんと5人1人が
歯周病に感染しているというデータが出ています。

「若いうちは歯の病気とは無縁」と思っている方が多い中
これは驚く結果ですよね…。

歯周病の中でもとくに重症化しやすいタイプの「侵襲性歯周炎」は
「若年性歯周炎」ともいわれており、20代や、まだ学生の10代で発症します。

しかし若い世代は歯周病に対する意識が薄いため、
歯ぐきが腫れたり血が出ていても、放っておいてしまう場合がほとんど(´;ω;`)
結果、早期発見の機会を逃してしまうことになるのです。

この病気は、遺伝的な要因が関係していると考えられています。
家族に侵襲性歯周炎がいる場合は要注意!
生活習慣も似ているので、一度しっかりと検査を受けることをおすすめします。

将来、歯がボロボロになって後悔しないように…!
若いうちから虫歯予防だけでなく、
ぜひ歯周病の予防も始めていきましょう(*^^*)