セルフホワイトニング新宿

セルフホワイトニングでは主に酸化チタンなどを主成分とした薬剤が使用されています。酸化チタンを使用したホワイトニングは痛みがなく、歯へのダメージが残らないというメリットがありますが、デメリットは何なのでしょうか。

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

酸化チタンホワイトニングの欠点とは

酸化チタンホワイトニングの欠点

酸化チタンを使用してLED光を照射するホワイトニングの欠点は、ずばり【芸能人のような真っ白な歯にすることができない】という点です。例外として、セラミックやラミネートべニアの歯を入れている方の場合は真っ白に戻すことができる場合があります。当サロンのホワイトニングでは女子アナウンサーのような自然な白さに戻すホワイトニングです。

酸化チタンを使用したホワイトニングのしくみ

理由は酸化チタンを使用したホワイトニングのしくみにあります。当サロンの酸化チタンを主成分としたホワイトニング(ポリリン酸・メタリン酸を使用するホワイトニングも同様です)は、LEDを照射することによって光触媒が発生し、汚れを分解する機能が働きます。

日々の飲食や喫煙などで溜まったステインを汚れ分解機能によって強力に落とすことで歯が本来持っている自然な白さに戻すというしくみです。日本人を含めたアジア人の歯は、元の色が肌の色よりも少し白い程度の方が多いため、本来の色味が真っ白ではないのです。

芸能人・タレント業の方の多くはラミネートべニアと言われる歯を削って薄い人工歯を貼り付ける方法、もしくは歯自体を入れ替えてセラミックの差し歯にしてしまうという方法で歯を白く見せています。

セラミック・ラミネートべニアの歯の場合は、装着をした時点で真っ白の歯を入れている方が多いため、経年劣化をしていない限り当サロンのホワイトニングでは白くできます。

歯科医院のホワイトニングの場合は

対して歯科医院のホワイトニングの場合(過酸化水素使用のホワイトニングの場合)は、数回のホワイトニングを繰り返すことで真っ白な白さまで目指すことが可能です。過酸化水素に特殊な光を当てることによってエナメル質内部に存在する結晶を壊します。壊れた結晶により光の乱反射が起こるため、歯が徐々に薄くなり真っ白に近づいていくのです。

歯科医院のホワイトニングの主な欠点としては、痛みを伴う場合がある・後遺症が残る場合があるという点です。

目指す歯の色に応じてホワイトニングを選びましょう

ホワイトニングは、「歯を痛めるから白くなる」「高価なホワイトニングだから白くなる」という訳ではありません。痛くないホワイトニングと痛みを伴う可能性があるホワイトニングを選ぶ時には、【真っ白な白さを目指すのか・自然な白さを目指すのか】という違いで選ぶ必要があります。白くなるかどうかには個人差があるため、最初に一度試してから目標の白さまで費用面で効率的に到達するかどうかを判断するといいでしょう。