セルフホワイトニング新宿

セルフホワイトニング東京新宿お試し副作用

セルフホワイトニング専門店Whitening meです。セルフホワイトニングの副作用についてご説明します。

ホワイトニング料金・費用・価格ただ今セルフホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

セルフホワイトニングの副作用

副作用、と聞くとマイナスなイメージがありますが、Whitening meのセルフホワイトニングには歯を白くする機能に加えて良い意味での「副作用」があります。それは、歯の健康維持に繋がる機能です。

セルフホワイトニングで虫歯・歯周病菌を抑制

セルフホワイトニングは、酸化チタンを使用して歯を白くするホワイトニングです。歯科医院で行われる過酸化水素を用いたホワイトニングのように知覚過敏のような副作用が起こる可能性はありません。

歯医者さんで行っているホワイトニングは、痛み・しみの副作用が起こる可能性があります。これは、エナメル質が薄いアジア人にはごく当然のことで、歯科医院のホワイトニングは刺激の強い薬剤を使用するため熟練の医師もしくは衛生士が施術を行うからです。歯科医院のホワイトニングが高額の理由は、溶液の原価の高さ・人件費の高さにあります。むしろ、高額であることで安心感が得られます。

Whitening meのセルフホワイトニングは、歯科医院のホワイトニングとは違い歯の中身に刺激を与えるものではありません。将来的な知覚過敏のリスクが無いだけではなく、虫歯・歯周病の抑制に繋がるいい意味での副作用があるホワイトニングです。

なぜ健康に繋がる副作用があるのか

Whitening meのセルフホワイトニングは、2011年ころよりセルフホワイトニング溶液を開発するところから始まりました。その開発に携わったのは、研究員だけではなく監修医の歯科医師の先生方がメインでした。

予防歯科の観点から始まったセルフホワイトニング

監修医の先生は、従来の歯科医院で行われているホワイトニングが高価であり、リスクが高いという点を懸念されていました。また、歯科医師の「虫歯・歯周病の予防をする」という使命を掛けあわせてWhitening meのセルフホワイトニングは開発されました。
実は、最初にできた溶液は歯を白くするという目的よりも歯の健康維持を目的とした溶液だったのです。

歯の健康維持のため酸化チタンを主成分とした溶液を開発したのですが、酸化チタンがもたらす光触媒効果によって汚れ分解機能が加わるため、その汚れ分解機能を改良してできた溶液がホワイトニングミーの溶液です。
(5年間で8回改良しております。)

そもそも歯の健康維持のために作られたものであるため、虫歯菌・歯周病菌の抑制に優れている点が特徴的なホワイトニングをご提供しています。

Whitening meってどんなセルフホワイトニングなの?

白く健康な歯を目指しましょう

Whitening meのセルフホワイトニングにいらっしゃるお客様のほとんどは、歯を白くしたい!というお気持ちでご来店されます。

白くする=口内の健康維持になる

セルフホワイトニングは、歯科医院のホワイトニングと比べて痛みやしみがないという特長があります。

ホワイトニングミーのセルフホワイトニングは、他のセルフホワイトニングと比較して、虫歯菌・歯周病菌の抑制に優れているという特長があります。

つまり、歯を白くしたい!という気持ちでご来店される多くのお客様が、歯の汚れを落としながら結果として、歯の健康に繋がる機能を得ることができるのです。

色々なメリットがあるセルフホワイトニング。歯の黄ばみが気になる方はぜひお試しください。