セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニング専門店Whitening meです。痛みが無く、しみない汚れを分解するホワイトニングをご提供しています。歯にしみ・痛みを伴う従来のホワイトニングでは、歯を痛めてしまい一時的に白くなっても色素が沈着しやすくなるというリスクがありました。当サロンでは歯に色素が沈着しにくい状態を維持すると同時に1回のご来店でしっかりと白さを実感していただくため、一人ひとりのお客様にLED光の照射時間を長めにとっております。

虫歯は奥歯の凹みの部分や、歯と歯の間にできることが多いです。これは歯磨きの時に磨きづらい部分なので歯垢が残りやすいからです。ですが、歯の表面に虫歯ができてしまうことがまれにあります。虫歯は黄ばんだり、黒ずんでしまうため前歯にできると目だってしまいます。今回は虫歯による黄ばみを目立たなくする方法についてのコラムです。

ホワイトニングで虫歯の黄ばみはとれる?

虫歯の黄ばみ虫歯は、進行状況に応じて白色⇒黄色⇒茶色⇒黒色と色が変わっていきます。

黄色い虫歯は「要注意」のサイン

最初のころは「初期虫歯」といい、まだ虫歯ではなく歯が白っぽい状態になるだけです。この状態で糖質を多く摂取してしまい歯磨きをおろそかにすることでエナメル質が虫歯になってしまいます。

エナメル質の虫歯の状態は、歯の色は白からやや黄色い状態で、しみることはありません。ですが、エナメル質の内側にある象牙質まで進んだ虫歯になると、冷たい飲み物などで痛みを感じるようになります。この状態が、歯が黄色い状態です。

虫歯によって黄色くなった歯がある場合はホワイトニング自体は可能ですが着色ではありませんので、当サロンでのホワイトニングでは白くすることができません。歯医者さんのホワイトニングの場合はホワイトニング自体ができません。虫歯を完璧に治療してからホワイトニングするように勧められます。(冷たいものどころか消毒液を傷口に塗りこむようなものです。)

当サロンの薬剤にはしみる成分は含まれていません。ですが、虫歯へのしみを心配される方もいらっしゃるためカウンセリング時に確認することとして、「常温の水にしみるような虫歯はありませんか」とお尋ねすることがあります。薬剤が液体のため、(口の中を薬剤で浸すわけではなく歯の表面に塗るだけではありますが)常温の水にもしみるような深い虫歯がある場合は痛みを感じることがあるからです。
もちろん、このような虫歯がある場合は一刻も早く歯医者さんでの治療をおすすめします。

虫歯の黄ばみを目立たなくする方法は?

虫歯の黄ばみは、進行とともに濃く変化することが多いため、歯磨きなどで元の色に戻るということはほとんどありません

前歯が黄色くなってしまった場合は見た目にも気になります。黄色い部分だけを白くするのであれば、削って詰め物を入れるだけで白くなります。ホワイトニングを検討している場合は、必ずホワイトニングの後に詰め物を行うように気をつけましょう。

差し歯・詰め物がある歯でもホワイトニングをすることはできます。また、黄ばんでいる歯と白い歯が混じっている場合でも、ホワイトニングの後に白い歯がさらに目立つようにはなりません。元々黄色い歯のほうが白くなりやすいため、白い歯に黄色い歯が近づいていきます。