セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニング専門店Whitening meです。歯の黄ばみ汚れが気になる方は是非ご相談ください。ホワイトニングではタバコによる黄ばみ汚れ・飲食によって沈着した黄ばみ汚れ・加齢による黄ばみを落とすことができます。ホワイトニング未経験者の方はホワイトニングにどのようなイメージをお持ちでしょうか。中々白くならなかったり、痛みやしみがあったりなど、面倒なイメージがあるのではないでしょうか。当サロンは、ホワイトニング専門店としての特徴を活かしてできる限り皆様の歯を白く・健康に維持できるように努めています。

 歯の黄ばみ対策。まずは抑制!

歯の黄ばみ抑制歯は黄色いと気になるもの。まずは黄ばみを抑制することが一番です

歯の黄ばみの原因第一位⇒着色料

歯の黄ばみの原因として一番大きな原因は飲食物に含まれる着色料です。特に着色性食品といい、歯を着色させるものが多く含まれている食品には注意が必要です。着色性食品の代表例はカレーやコーヒー。これらを食べ・飲み終えた後に食器を洗わずに放置すると、食器に着色をするのがわかると思います。これと歯の黄ばみは全く同じ原理で起こります。

食後のドリンクで紅茶を選ぶ方は要注意です。紅茶が入ったまま放置したコップがどうなるかというと・・・コーヒーよりも茶渋がしっかりとコップに着色します。紅茶による着色を防ぐためには、ミルクを入れて飲んでいただくか、カモミールのような色が薄めの紅茶(ハーブティー)を飲むと着色を減らすことができます。

歯の黄ばみを抑制する良い習慣3選

歯の黄ばみを抑制するには、もちろん色の濃いものを避けることが一番ですが、普段の飲食で色の濃いものをひたすらに避けるというのは非現実的です。しかも白いもの・色の薄いものだけを選んで食べると栄養が偏ってしまう可能性が高くおすすめできません。そこで、普段の飲食を続けながら黄ばみを抑制するためにはどうすればいいのか、簡単に押さえられるポイントをおさらいしましょう。

  • 食後の歯磨きを忘れないこと⇒これは、虫歯抑制の観点からも大切です。普段の生活の中で最も黄ばみ抑制の効果が高いのが食後の歯磨きです。もちろん歯に直接付いた色素を取ることも大切ですが、食事をした後に歯の表面に細菌がついてベトベトしている状態ではさらに着色しやすくなってしまいます。基本的なことではありますが歯の黄ばみ抑制において最も大切なことです。もちろん正しい歯磨きを実践することを意識しましょう。
  • 水を飲みながらの食事⇒例えば白いシャツにカレーをこぼしてしまった場合でも、すぐに水で洗うことで沈着を最小限に少なくすることができます。着色成分が口の中に留まっている状態を作らないためにも水を飲みながら食事をしましょう。コーヒーや赤ワインを飲んだあとに、少し口の中をゆすぎながら水を飲むことで沈着を最小限に防ぐことができます。
  • 「歯磨き・ゆすぎ・ガムを噛む」⇒物を口にしたら歯を磨くのが理想です。(1日に3回以上歯を磨く場合は歯磨き粉なしか、研磨剤なしの歯磨き粉を使うことをおすすめします。)ですが、軽食を口にするたびに歯を磨くというのは難しいという方の場合はできる限りゆすぎをしてみましょう。ゆすぎも難しい場合はガムを噛むことをおすすめします。ガムを噛むことで唾液の分泌が促され、色素を洗い流す効果が生まれます。

3つの中から、「簡単にできそうなもの」から意識すると良いと思います。無理をして三日坊主になってしまっては元も子もありません。ちょっとした心がけで歯の黄ばみは防ぐことができますので、是非実践してみてくださいね。