セルフホワイトニング新宿

歯のホワイトニング専門店Whitening me新宿店です。ホワイトニングの後の制限をしっかり守れるゆとりのある方はあまり多くないかもしれません。

ホワイトニングをした後には12時間程度は食事を控えるよう制限がるホワイトニングがあります。特に自宅で行うホームホワイトニングでは食事制限を守らずにホワイトニングを行う前よりも歯が黄ばんでしまう・・・ということもありますので十分に注意しましょう。ホワイトニング後の注意はホワイトニングの種類によって異なります。

ホームホワイトニングの制限はオフィスホワイトニングより厳しい?

歯医者さんで行われているオフィスホワイトニング・自宅で行うホームホワイトニング、どちらもホワイトニングの後12~24時間は色の濃い飲食物やタバコを控えるよう制限があります。ホワイトニングには色々な種類があり、歯医者さんのホワイトニングとWhitening meのホワイトニングにも違いがあります。使用している薬剤が異なるため制限がありません。

一般的に歯科医院で行うオフィスホワイトニングはホワイトニングの中では一番色戻りが早いといわれており、ホームホワイトニングをしている方もいらっしゃいますが、ホームホワイトニングは長期間かけて歯を白くしていく一方でオフィスホワイトニングよりも食事制限に注意が必要です。

ホームホワイトニングの食事制限と注意

歯科医院で処方されるホームホワイトニング剤には過酸化物が含まれており、歯の表面の保護膜を溶かしながら歯を白くしていくため健康な歯にも刺激を与えます。保護膜が溶けることによりエナメル質への沈着が起こりやすくなるため、食事制限が必要なのです。

ホームホワイトニングは週に2~3回以上のペースで行う人が多いため、食事制限を無視しがちです。食事制限を無視してしまうとホワイトニングを始める前よりも黄ばみがついてしまうこともあるため、本末転倒になってしまいます。ホワイトニング後は必ず12時間以上間を空けて食事をしましょう。

また、食事制限を避けるためにマウスピースをつけたまま寝る方もいるようですがこれも良くありません。長時間過酸化物を歯に付着させることにより元々ダメージが残りやすいものがさらに強いダメージ・知覚過敏の後遺症が残りやすくなってしまいます。

一気に白くしたいならオフィスホワイトニングで

このようにホームホワイトニングは食事制限が辛く長続きしない方が多いため、オフィスホワイトニングで一気に白くしたいという方もいらっしゃいます。

もちろん強い刺激を伴うため、施術後は風が吹くだけで歯の中が「ピキッ」という知覚過敏の痛みを伴うことが多いです。そのためオフィスホワイトニングを行う時は仕事や用事への影響も考えておくといいでしょう。

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングは差し歯は白くならない

歯科医院でホワイトニングをしたり、ホームホワイトニングをする場合は差し歯やインプラントなどの人工歯は白くなりません。表面の汚れを落とすものではなく歯の内部を漂白するものだからです。

また、ホームホワイトニングの場合は虫歯を避けてホワイトニングすることができないため、ホームホワイトニングの前には必ず虫歯の治療を行いましょう。

ホワイトニングの種類まとめ

このように色々なホワイトニングがありますが、歯を白くするために大切なのは自分に合ったホワイトニングを見つけることです。Whitening meのホワイトニングには差し歯・虫歯・食事などの制限がありませんので、ホワイトニング初心者の方もお気軽にお試しください。