セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

外出自粛要請が解除されてから、東京では3日連続で感染者が200人を超えました。
PCR検査を受ける人の数が増えた、重症者は以前に比べて減っているなどの声もありますが、まだまだ油断できない状況です。

そんな中、いま世界ではアジア人差別が深刻な問題になっています。

新型コロナウイルスの世界の現状

現時点での日本の新型コロナウイルスの感染者数は約2万人。

世界のコロナ感染者はどれくらいかというと、米国が最も多く約336万人、次にブラジルが約188万人、インドが約88万人です。
次いでロシアが約73万人、ペルー・チリ・メキシコが30万人となっています。

これらの数字から見ると、中南米での感染拡大が深刻化していることが分かります。

日本でも感染拡大は続いていてまだ油断できない状況ですが、特にアメリカは桁違いの感染者数に驚きを隠せません。

新型コロナウイルスはなぜ米国で爆発的に感染拡大したのか

当初は中国の国内で感染拡大した新型コロナウイルスですが、あっという間に世界に広がっていきました。
中でも非常に深刻な状態にあるのが米国です。感染者数は約336万人

ここまで広がってしまった理由は以下のものが考えられます。

人と人との距離が近い

これは米国だけでなく、ヨーロッパなどのほかの国でも言えることですね。

彼らは挨拶として、日常的に握手やハグ、頬と頬を近づけてキスをする文化があります。
日本ではビジネスの場でも、日常的に握手をすることはないですし、恋人など親しい間柄でないとハグもしない傾向にあります。

海外での感染が爆発的に拡大したのは言わずもがなでしょう。

マスク着用や手洗いうがいを徹底しなかった

日本ではインフルエンザが流行する冬や、花粉症に悩まされる春にはマスクを着用する人が多いです。
実際に私も学生時代からこの時期はよくマスクを付けていました。

しかし以前アメリカ旅行に行った際、マスクをしている人は誰もいませんでした。

そう、アメリカでマスクを着用することは非日常的なのです。
「重病人に見えるからマスクはしない」という意見もあります。

マスクの効果は諸説ありますが、最も効果を発揮するのはくしゃみや咳が出る人が着用した場合です。

なんらかのウイルスを持っている人が1回咳をした場合に出るウイルスの数は約10万個、くしゃみの場合は約200万個が放出されます。

マスクを着用することで飛沫を遮断し、ウイルスの広がりを減少させることができます。
顔やマスクの間にはどうしてもすき間ができてしまうので、ウイルスの侵入を確実に防ぐことはできませんが、新型コロナ感染拡大防止の観点から見ると必要不可欠なアイテムと言えるでしょう。

黒人差別への抗議デモでコロナ集団感染

インスタグラムの背景が真っ黒に染まった日を覚えているでしょうか。

「Black Out Tuesday」
ミネアポリスで起きたジョージ・フロイド氏の死亡事件を受け6月2日(火)に仕事を一時停止し、社会に蔓延する全ての差別と向き合うという取り組みを行いました。

この日に限らずこれまで、全世界の人々がBlack Lives Matterのハッシュタグで人種差別へ講義しています。

そして米国では数百人、数千人規模での、黒人差別の抗議デモがいたるところで行われました。
密集した空間で叫んだり走ったりすることで、コロナ飛沫感染の恐れがあると指摘されていました。

コロナにより急増する「アジア系差別」

米世論調査機関「ピュー・リサーチ・センター」の調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以降、アジア系の3人に1人が「他人による差別的発言や不快な行為を受けた」と回答。

具体的に告白された内容としては、

  • レストランで誕生日を祝っていたアジア系の家族が白人から中指を立てられ「トランプ(大統領)がお前らをくたばらせる」と罵られる。
  • NYのコンビニで韓国人系の男性が、「ウイルスで多くの人が死んだのはお前たちのせいだ」などど白人男性から暴言を吐かれる。
  • 犬を散歩させていたアジア人女性が通行人に「この国をダメにしている病気を持って帰れ」と叫ばれ、通行人は女性を蹴り唾を吐きかけた。
  • 子どもを車のチャイルドシートに乗せようとしていた女性がガラス瓶を投げつけられ、加害者から「国に変えれ、チンク(アジア系を指す蔑称)」と叫ばれた。

見ているだけで辛い差別的言動の数々ですが、こういった事件の背景にはトランプ大統領の、コロナウイルスを「中国ウイルス」と発言したことも影響しているでしょう。

歯のホワイトニングでコロナ感染予防を

人種差別によるデモや、至る所で発生するクラスター感染など、世界では混乱が続いています。

ひとり一人が意識を持ち、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めましょう。

手洗いうがいやマスクを着用することはもちろんですが、
抗菌殺菌機能があるホワイトニングをすることもおすすめです。

口はウイルスや細菌が侵入しやすい器官なので、口内や口周りを清潔に保っておく必要があります。

ホワイトニングミーのホワイトニングでは歯を白くすると同時に、新型コロナウイルスの感染予防にも効果的です。

Whitening me料金はこちら

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修