セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

今回は、小さいお子様がいる方には
ぜひ読んでおいていただきたい記事です(*^^*)

乳歯の段階の歯並びは、永久歯になったときに
どんな歯並びになるのかの大きな手掛かりになります。

永久歯の理想的な歯並びは、
真っ直ぐ整っているすき間の無い状態ですよね(*^^*)
すき間があるといわゆる「すきっ歯」になってしまい、
貧相な印象を与えてしまう恐れがあります。

お子様の歯がすき間の無いビシッと整った乳歯列だったら
これで将来も安心♪と思われる方も多いのではないでしょうか?

しかし実は、乳歯時代の理想の歯並びは
上下12本すべての歯にすき間が開いている状態なのです!
この乳歯列を持つ子どもは、成長して美しい歯並びになる
可能性が極めて高くなります。
すき間のある乳歯は、アゴの発育が良い証拠と言われています。

永久歯は乳歯より大きいので、十分なすき間がないと
キレイに生えてくることはできませんよね。

逆にすき間の無い乳歯だと、
前後から歯が生えてボコボコしたり、歯並びの悪い永久歯に
なってしまう場合が多いです。
その確率は実に95%!
4歳くらいまでに、将来の歯並びの良し悪しが決まってしまうんです。

子どもの乳歯列は、遺伝的な要素だけで
決まるものではありません。
食事を中心とした日常の生活習慣によって
乳歯列は左右されることが多いと言われています。

アゴの発育を促すために、
そしてキレイな歯並びにするためには
いくつかポイントがあります♪

とにかく良く噛む
人のアゴが成長するのは、「造骨細胞」などが骨を作るからです。
この造骨細胞が骨を作るためには、栄養素が必要になってきます。
細胞を伸び縮みさせることで、アミノ酸を細胞内に取り込み
栄養を細胞内に取り込みます。
この収縮運動こそが、噛むという行為なのです。
アゴの発育のためには、とにかく良く噛むことが大事!
1日3回の食事をきちんととって、
すぐに飲み込まずたくさん噛む(^o^)
しっかりと教えてあげてくださいね。

外で思いっきり遊ぶ
外で遊ぶこととキレイな歯並びが関係あるの?
とびっくりされた方も多いのではないでしょうか。
外で遊ぶ=身体全体を鍛えます。
身体の一部であるアゴも相対的に強くなりますし、
たくさん動けばお腹もすくので、しっかりと食事をとって
ますますアゴの発達が促進されるんです♪
「子どもは遊ぶのが仕事」とよく言いますが
まさにその通りです!
子どもの健康のためにも、美しい歯並びを手に入れるためにも
ぜひたくさん公園遊びに連れて行ってあげてくださいね(*^^*)