セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

今回は「歯石」について詳しく記事を書いてみたのでこの機会にぜひご一読ください(^_^)

(1)歯石と歯垢の違い

まず、歯石と歯垢は皆さんも耳にしたことはありますよね。
「どっちも聞いたことはあるけど、違いが分からない」という方もいるのではないでしょうか?

まずは歯垢と歯石がどういったものなのか、皆さんにしっかりと理解をしていただきます。

「歯垢」は、歯の表面に付着している最近のことをいい、別名「プラーク」とも呼ばれています。
白色だったり黄白色をしているので見立ちにくいですが、舌で触ってみるとザラザラとした感触です。
ネバネバと粘着性が高く、歯の表面にこびりつくため、強くうがいをしたくらいでは取れないのが特徴です。
爪で歯の表面を軽くかいてみると分かりやすいです。
ネバネバとした白色っぽいものが取れると思いますが、それが歯垢です。

これは単なる食べカスではなく、細菌の塊といっても過言ではありません。
プラーク中には細菌がうじゃうじゃいます。
実に600種類もの細菌が生息し、1mgあたりにはなんと約10億個の細菌が存在しているとも言われているんです。

続いて「歯石」とは、一言で言えば歯垢が放置されて硬くなって石炭化したものです。
唾液に含まれるリン酸カルシウムなどの成分と結合して石のように固くなります。
歯みがきの磨き残しで取れなかった歯垢はだいたい2日間くらいで歯石へと変わってしまうと言われています。

そのため歯みがきがしにくい「歯と歯のすき間」や「歯と歯茎のすき間」にできやすく、歯ブラシでは取れないほど固くこびり付いているため、それ以外の方法でしっかりと取り除く必要があります。

(2)歯石は口臭の原因になる

歯石が溜まることで口臭の大きな原因にもなります(*_*)
歯石は固く歯の表面が非常にザラザラとするためそこにさらに歯垢が溜まっていきます。
そのため口の中の細菌もどんどん増えていき、唾液に含まれるリン酸カルシウムと細菌が結合し、臭いを放つのですが、「玉ねぎや卵が腐ったような臭い」がすると言われています。

ちょっと気になる相手いたけど、口臭が気になってサーッと冷めてしまった・・・なんて経験はありませんか?

かっこよくて仕事もできるイケてる男性でも、
スタイル抜群で料理も得意なモテモテな女性でも、
口臭がすると、一瞬で印象が悪くなってしまいます。

「スメルハラスメント」という言葉があるように、口臭は相手に不快な思いをさせてしまうこともあるんです。
ビジネスマナーやテーブルマナーと同じように、ぜひオーラルマナーも意識して生活してみてくださいね♪

(3)歯石つきやすい人・つきにくい人

定期的に歯医者で歯石をとってもらってもすぐに付いてしまう人と、逆に普段あまりケアをしなくても、歯石がつきにくい人がいます。

「歯垢」と「唾液の質」が大きく関係していると言われています。
まずは、歯垢がつきやすい生活をしているかどうか、そこに唾液の性質が影響してきます。

歯石がつきやすい人の特徴としては、
1.唾液の量が多い
2.唾液がサラサラとしている
3.唾液がアルカリ性寄りである

などが挙げられます。

歯石がつきやすい人の唾液はアルカリ性寄りなので、口の中の酸を中和し、結果、むし歯ができにくい傾向があります。
歯石がつきやすい人=むし歯になりにくい、ということになるので歯が丈夫だと思いこんでいる人が多く、歯医者に行ったことが無いというケースもあります。
気がついたら歯石が溜まっていて歯周病になっていた場合もあるので、上記のような人は注意が必要です。

(4)歯石がもたらす悪影響

歯石が私たちの身体にもたらす悪影響としては先ほどお伝えした口臭ももちろんですが、一番こわいのが、歯周病の進行を早めてしまうということ。
歯石は歯の表面だけでなく、歯周ポケットの中にもできます。
歯医者での歯石取りのときは、よく歯と歯茎の間の歯周ポケットから小削ぎだすように取られますよね。

歯周ポケットに歯石ができることで、歯ぐきがどんどん下がりやすくなってしまうのです。

そこから歯周病菌が血液中に流れ込み、全身に菌が運ばれてしまうことに・・・

歯周病が全身に及ぼす悪影響については今までの記事でもお話してきましたが、脳卒中や肺炎など、様々な病気を引き起こしやすくなります。

(5)白い歯石・黒い歯石

歯垢は白色や黄白色なので、歯石も白いものとイメージするかと思います。
しかし大きく2種類あることをご存知でしょうか?

ひとつは歯ぐきの上についている白く見える歯石(歯肉縁上歯石、略して縁上歯石)
もうひとつは歯周ポケットの中についている普段は見ることのできない黒い歯石(縁下歯石)

そして、白い歯石より黒い歯石の方がはるかに危険なのです・・・
歯石の色は白いのが普通ですが、歯石が黒い場合は、口の中で何らかのトラブルが発生しており、身体が危険信号を出している証拠です。

では同じ歯石なのにどうして色が違うのでしょうか?

黒い歯石は『歯肉縁下歯石(しにくえんかしせき)』と呼ばれ、血液が混ざっているせいで黒くなっています。
一方で白い歯石は、“プラーク”と呼ばれるネバネバの細菌の塊と、唾液の中に含まれるリン酸カルシウムが結合し、歯の表面でかたまって石のようになったものを指します。

白い歯石は子供から大人まですべての人の口の中で見られます。

【歯石が黒くなる理由】
黒い歯石の正体は、歯垢に血液が混ざったもの。
血液中の赤血球が含まれているため黒く見えます。
当然、出血することが多い人ほど黒い歯石ができやすく、歯茎から血が出る原因の約90%は歯周病です。
つまり、白い歯石は赤ちゃんから大人まで誰にでもできるのに対して、黒い歯石は歯周病の人にできる可能性が高いといわれています。

【黒い歯石ができやすい場所】
黒い歯石は、歯茎からの出血が起こりやすい歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)にできます。
「歯肉縁上歯石」と呼ばれる白い歯石に対して、目に見えない歯茎の中にできることから「歯肉縁下歯石」と呼ばれています。

【黒い歯石は頑固にこびりつく】
黒い歯石は、歯肉縁上歯石と比べるとゆっくり時間をかけて作られます。
そのため密度が高く歯に頑固にこびりつくため、白い歯石よりも除去が難しいのです。

【黒い歯石を放置すると危険】
黒い歯石を放置しておくと、歯を支える骨が溶かされてグラグラするようになり、最終的に歯を失うことに・・・
黒い歯石ができるのは、歯茎からの出血が頻繁に起こっている状態であり、それは歯周病が悪化していることを意味しています。
放置すると危険なため、歯石を除去して歯周病を改善する必要があります。

【歯石は必ず歯医者さんで取ってもらいましょう】
歯石を歯磨きで取ることはできません。
無理に取ろうとすると歯を守っている歯の表面のエナメル質を傷つけてしまいます。
傷つけてしまうと虫歯になりやすいため、かえって口内環境を悪化させてしまいます。
そのため自分で歯石を取るのは厳禁です。
必ず歯医者さんで取ってもらいましょう。

【黒い歯石の除去方法】
・スケーリング
先が鎌状になっているスケーラーという器具を使用して歯石を取り除きます。
超音波スケーラーは毎秒25,000~40,000回の振動によって、歯石を粉々にして除去します。
振動の力によって、歯の根に頑固にこびりついた黒い歯石も落とします。

歯周ポケット内の細かい作業は、スケーラーを使用して手動で削るように除去します。
黒い歯石は付着力が強く、歯の根の形は複雑なため、歯石除去を1度に行うと2~3時間かかります。
そのため数回に分けて歯石を除去します。

・フラップ手術
麻酔をしたあと、歯茎を切開して歯の根元に付着した歯石を除去する外科的処置です。
歯周ポケットの深さが4mm以上のスケーラーが届かない場所にある歯石を取り除くときに用いられます。
歯石を取り終わったら、歯茎を縫って1週間後を目安に抜糸を行います。

(6)歯石を予防する方法

・歯石をつけないためには正しい歯磨きをする
毎日の歯磨きで歯垢をしっかり落とすことが、黒い歯石とその原因である歯周病を改善するのに重要です。
出血のない歯肉を保つ、歯垢を落として歯石が溜まりにくい口内環境を作りましょう。
そのためにも正しい歯磨きを行う必要があります。

・デンタルフロス、歯間ブラシを使う
歯石は歯と歯の間にもできやすいです。
この部分は歯ブラシだけでは歯垢を取り除きにくいので、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってケアするようにしましょう。
デンタルフロスは柄の付いた「ホルダータイプ」と、糸を切って使用する「糸巻きタイプ」があります。
ホルダータイプは初心者向けで使いやすいのでおすすめです。

歯間ブラシには、「I字型」と「L字型」の2種類があります。
奥歯の歯間にも挿入しやすい「L字型」の歯間ブラシがおすすめ♪
サイズは5段階あるので、歯間の広さやお口の大きさに合ったものを選ぶようにしてみてください。

デンタルフロスも歯間ブラシも、夜寝る前の歯磨きが終わった後に行うのがもっとも効果的です!
通常のブラッシングでは58%ですが、デンタルフロスでは85.9%、歯間ブラシを併用した場合は95.2%の歯垢を除去できるといわれています。
歯垢をしっかり取って歯周病による出血を抑えることができれば、黒い歯石ができるのを予防できます。

(7)子どもの歯石ケアについて

子どもの歯垢ケアはどうしたらいいのか・・・?

目に見えるほどの食べ物のカスはもちろん、歯垢もキュキュッととってくれるデンタルフロス。
糸を適度な長さに切って、歯と歯の間に行ったり来たりと通すだけです。
歯ブラシだけでは磨き残しがちな歯間のプラークを、効率よく取り除くことができます。
糸を通しながら、歯と歯茎の状態も感じとってみましょう。
就学前検診での虫歯の指摘のほとんどが奥歯の歯間部(歯と歯の間)の虫歯です。
虫歯の予防はフロスが一番です。

そして、なんといってもやはり歯ブラシが重要!
適度な歯磨き粉をつけて、適度な圧力でポイントをおさえた歯磨きができるようになってください。
子どものころの習慣は大人になっても続き、健康を左右します。
ただし赤ちゃんや小さなお子さんは、まだむし歯菌や歯周病菌が繁殖しにくいので、必要がないことが多いです。
小学生くらいの年齢になったら、家でも歯磨きとフロスで歯石のもとになる歯垢をとるのはもちろんですが、それでも歯石がついてしまったら、歯医者さんで歯石をとってもらってください。
歯石がたまると、むし歯だけでなく口臭の原因にもなります。

・歯医者さんで定期検診を受ける
口内環境を健康に保つために、3カ月~半年に1度のペースで定期検診を受けることが推奨されています。
歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシによるホームケアをしっかり行っても、すべての歯垢を落とし切るのは難しいです。
そして、歯石は歯医者さんで除去してもらう必要があります。

定期検診で歯石の除去とともに、歯周病の状態や自宅でのセルフケアが正しく行われているかもチェックしてもらいます。

毎日のケアと定期検診で、口内環境が改善されていけば、黒い歯石ができることもなくなります。