セルフホワイトニング新宿

ビューティスマイル溶液

週刊女性7月号で、コロナより怖い歯のトラブルについて紹介されました。
現在、新型コロナウイルスの影響でしばらく歯医者に行けていない方が増えています。

「歯医者さんでの飛沫感染が心配で、治療中ですが来院を数か月間控えている」とのこと。
こんな状況ですので気持ちはとてもよく分かるのですが、いま歯科医院に行かないと将来大変なことになるかもしれません。

最古の女性週刊詩『週刊女性』

週刊女性は日本で一番最初に創刊された女性週刊誌です。
今年で創刊63年を迎える老舗雑誌で読者からの信頼もアツい。
芸能ゴシップや皇室の話題をはじめ、美容・健康やグルメ情報などコンテンツも充実しています。

週刊女性7月号で紹介された歯のトラブル

コロナウイルスの感染を危惧して、歯周病やむし歯の治療中の方だけど歯医者に行っていない方は多いのではないでしょうか?

不要不急の外出になるかと思い・・・という声も聞こえてきますが、
国立感染症研究所の歯学博士の泉福英信先生は、「いま歯科医院に行かないと20年後に大変な事になりますよ。特に歯周病のリスクが高いミドル世代やシニア世代は注意が必要です。」と話しています。

ある県の高齢者施設では、入居者の歯のメンテナンスのために歯科医と衛生士に定期的に訪問してもらっていましたが、感染を恐れて訪問は一時中止することに。

ところが口内の細菌による誤嚥性肺炎が増えたため、早々にメンテナンスを再開したそうです。

歯の状態によっては、たった1~2ヶ月間でもメンテンナンスを怠ると大変になることが分かりますね。

口内細菌による死亡率は新型コロナ以上

あなたの口の中には300~400種類の細菌が潜んでいます。
虫歯菌、歯周病菌、常在菌など様々で、歯周病菌の中でもいくつもの種類に分かれています。

良く聞く「プラーク」というネバネバした固まりは悪い細菌のことで、しぶとく生き延びます。
ちなみにこのプラークが石炭化したものを歯石といいます。

頑固なプラークや歯石は歯磨きだけでもなかなか取れないため、定期的に歯科医でクリーニングをしてもらう必要があるのです。

毎日行っている歯磨きは、磨いたつもりで磨けていないことが非常に多いです。

コロナの死亡率より多い誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は、唾液や食べ物に含まれる細菌が気管から肺に入り炎症を起こす病気です。

日本人の死因のトップ10に入り、昨年の誤嚥性肺炎で亡くなった人の数は3万8千人にのぼります。
現時点で新型コロナウイルスで亡くなった人に比べると、40倍以上ということになりますね。

歯周病は日本の三大死因を引き起こす

日本の三大死因は心臓病、脳卒中、がんですが、歯周病菌は関連性が高く、歯周病患者はこれらの病気を引き起こしやすいです。

さらに糖尿病や認知症など、生活の質をいちじるしく下げる病気とも深い関係にあることが分かっています。

歯周病が必ずほかの病気を招くというわけではないですが、歯周病によって重大な病気を引き起こすことがあるという事実を知らない方が多いのが実情です。

歯周病を放置する=全身の悪影響につながる ことは知っておく必要があるでしょう。

「噛む」行為ができなくなり免疫力が低下する

怖いのは病気になることだけではありません。それは歯を失うこと。
むし歯や歯周病で歯を失うことで、好きなものが食べられなくなるだけでなく、免疫力の低下を招くことに。

歯が少なくなる、咀嚼の回数が少なくなる、唾液の分泌が減る、免疫機能が低下するという流れです。

むし歯や歯周病が進むとドミノ倒しのように歯を失うことになります。
歯の痛みや異常を感じなくても、定期的な健診やクリーニングはぜひ受けるようにしましょう。

歯科医院のコロナ対策は万全か

歯科業界は10年以上前から感染症対策には力を入れています。
現時点でも、新型コロナウイルスの歯科医院での院内感染は報告されていません。

新型コロナウイルスは飛沫で感染することが分かっているので、多くの方は歯を削るときに水しぶきが飛び散ることを心配しているはずです。
最近では、口の外に置いて水しぶきを吸い取る「口腔外バキューム」という装置を設置しているクリニックも増えてきたとのこと。

またほとんどのクリニックでは、医師や衛生士は外科用マスクや手袋の交換、外科用手洗いやフェイスシールドの着用を徹底しているといいます。

歯科医師の先生は「歯周病のケアや治療は風邪、ウイルスの予防にも効果があるので、ぜひ積極的な健診を」と話しています。

ホワイトニングをしながらコロナ対策

マスクをつけてるからといって、歯の黄ばみもそのままにしていませんか?

歯の色味はお顔全体の印象を大きく左右するので、印象アップのために歯が白いことはマストです!
今の時期は歯が黄ばんでいると白いマスクをとった時に、黄ばみがとっても目立ってしまいます・・・

定期的な歯科健診やメンテナンスをすることで結果、新型コロナウイルスの対策につながることが分かりましたが、

ホワイトニングミーの歯のホワイトニングは、むし歯菌・歯周病菌、ウイルスの予防にも効果を発揮します。

さらにLEDを照射することで、新型コロナウイルスを99.9%死滅させることができるのです。
研究内容を詳しく知りたい方は「LED コロナ」で検索してみてください(^_^)

当サロンでも衛生管理・感染対策を徹底していますので、安心してご来店いただければと思います。

Whitening me料金はこちら

当サイトは各歯科医院・医療法人監修の元運営しております

・日本歯科医師会 産業歯科医 立石登 監修

・いしばしまゆここどもDENTALCLINIC 院長 石橋真由子 監修

・医学博士 日本歯科先端技術研究所フェロー ケリーオオサト 監修