セルフホワイトニング新宿

歯が黄ばんで見えると誰でも気になるものです。白い歯は黄色い歯に比べて今も昔も周りの人たちに好印象を与えます。

実はこの歯の色、肌の色によって見え方が左右されるということはあまり知られていません。肌の色・唇の色・目の白目の色によって歯の白さの見え方は変わってきます。特に化粧をする女性の方にとっては大切なことです。なぜなら化粧や口紅の色で歯が汚く見えてしまうかもしれないからです。もちろんその逆もあり、化粧によっては歯を白く見せる化粧だってあるのです。

顔にある「白色」と歯の白さは本能的に比べて見られています

どうして化粧によって歯が白く見えたり、黄色く見えたりするのでしょうか。それは、顔の中にある白色と比べて見られているからです。顔の中にある白色といえば白目と歯しかありません。例えば全く同じ歯の白さの二人がいて、白目の部分が一方は真っ白・もう一方は灰色だった場合は、白目が灰色の人の方が歯が白く見えるのです。

歯よりも白いものが顔の中にある場合は歯は黄色く見えてしまうのです。化粧にも同じことがいえます。白いファンデーションを塗れば塗るほど歯は黄色く見えてしまいがちなのです。(白塗りをした芸人さんの歯が黄色く見える原理と同じです)もちろんタバコやワインなどの着色も歯が黄色く見える原因ですが、意外にも肌の色は歯を黄色く見せるポイントになっています。

欧米人がホワイトニングに熱心な理由

欧米人は日本人と比べて歯のホワイトニング意識が高いです。これはホワイトニング薬剤が広く浸透しているという背景もあるのですが、実は肌の色も関係しています。

欧米人には白色人種が多く、日本人はほとんどが黄色人種です。先ほど白いファンデーションを塗れば塗るほど歯が黄色く見えてしまうと解説しましたが、白色人種は歯を真っ白な白さにしないと清潔な印象を与えられないのです。もちろん、肌の色が濃い目の外国人と比べると日本人は歯が黄色く見えてしまうのも、これが理由です。

口元のオシャレをしっかりと意識して化粧を変えてみることは、ある意味即効性のあるホワイトニングだともいえます。
今月末まで!HP限定ホワイトニング体験キャンペーンはこちら