セルフホワイトニング新宿

まばらな色味

歯によって黄ばみがまばらであったり、一本の歯の中でも黄ばみの付き方が異なる場合がありますが、当サロンのホワイトニングは黄ばみが強いほど白くなりやすい性質があるため、少しずつ本来の歯の色味に収束していきます。ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

歯の黄ばみがまばらな場合でも均一に近づきます

セルフホワイトニング(汚れを分解するホワイトニング)の場合は、歯の黄ばみが濃ければ濃いほど歯が白くなりやすいです。歯の部分によって黄ばみがあったりなかったりする場合は、濃い部分が白くなりやすいために、均一な色味に近づいていきます。

本来まばらになりやすい部分

ほとんどの方に当てはまる歯の色味の特徴として、上の歯の上側と下の歯の下側が黄ばみやすいという傾向があります。これは本来の歯の色味によるもので、普段の習慣の影響では無い場合があります。

歯の一部が黄ばんでいる場合は、矯正の影響などでエナメル質に傷が入っていることや喫煙の習慣などが原因の可能性があります。いずれにしてもホワイトニングが有効で、一部分の黄ばみを落とすことで歯全体の印象が変わる場合が多いです。

矯正中にできるホワイトニングと、矯正中にはできないホワイトニングがあります。

どのようなステインが沈着しているのかを分析

歯の黄ばみは普段の習慣をおおよそ表しています。カレー・コーヒー・赤ワインのような非常に濃い飲食物は着色しやすい習慣と言えます。

歯のために好きなものを我慢できますか?

どうしても歯を白くするために、好きな物の中でも色の濃いものを我慢したり、ストイックに何度も歯を磨こうとする方もいますが、好きな物を食べることを辞めてまで歯を白くしようとしても長続きはしないでしょう。

それよりも、色の濃いものを食べた後に水でゆすいだり、水でゆすげなければガムを噛んで唾液の分泌を促したりする方が大切です。簡単にできることなのでできる限り習慣化させましょう。このホワイトニング習慣は、同時に虫歯や歯周病の抑制にも効果を発揮します。

気になる歯の黄ばみはセルフホワイトニングでしっかり分解しましょう

まだらな歯の黄ばみ・均一でない歯の黄ばみはセルフホワイトニングの汚れ分解が非常に有効です。刺激が無く、歯に優しい薬剤を使用しているためホワイトニングが初めての方でも安心です。

整体や骨盤矯正では、多少の痛みがあるから骨のバランスが戻ることがありますが、ホワイトニングに関しては「痛くなるから白くなる」は皆さんに当てはまることではありません。痛くないホワイトニングの方が白くなる方も多くいらっしゃいます。興味がある方は、ぜひ一度お試しくださいませ♪