セルフホワイトニング新宿

今日はおいしい赤ワインを飲みたい!でも、赤ワインを飲むと歯が汚くなるんだよなぁ・・・。
歯の黄ばみを抑えるために、着色しやすい食べ物や飲み物を覚えておきましょう。
ホワイトニング料金・費用・価格ただ今ホワイトニングお試しキャンペーン実施中!1回のご来店で白さを実感したい方におすすめです。

歯の黄ばみには色々な原因があります。
ホワイトニングではほとんどの黄ばみを落とすことができますが、永遠に白さは続きませんので、毎日のケアが大切です。
正しい歯磨きを続けながら白さを維持するように心がけましょう。

歯の黄ばみの原因は食べ物や飲み物

歯の黄ばみの中で最も多い原因は飲食物によるものです。歯の白さを維持するためへの第一歩として、着色しにくい飲食物を選んで生活することが大切です。コーヒー

食べ物・飲み物そのものの色が着いた歯の黄ばみ

色の濃いものを口にすることで、食べ物や飲み物そのものの色がステインとなります。

コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・カレーライス・醤油・ソース
たばこや葉巻・色の濃いうがい薬etc…

このように口にすると歯にステインを沈着させる食べ物・飲み物を着色性食品といいます。しっかりと歯を白くしたいイベントの前などは色の濃い食べ物を控えるようにしましょう。

歯の黄ばみがつきやすくなる飲食物もあります!

色の濃いものを避けていれば大丈夫・・・これでバッチリ着色は防げる!と思ったら大間違い。

実は直接着色するのではなく、着色を助けてしまう「着色補助食品」というものもあるのです。

着色補助食品
  • 炭酸飲料全般
  • アルコール
  • スポーツドリンク
  • みかんやぽんかんなどの柑橘系の飲食物
  • クエン酸
  • お酢
  • 梅干し
  • など酸性のものの多くが着色補助食品です

着色補助食品は単体では着色しませんが、
口の中を酸性化させるために歯の表面のミネラルが溶ける脱灰という現象が起こり、
その部分が着色しやすくなります。

着色補助食品と着色性食品の組み合わせは歯を白くしたい人にとっては最悪の組み合わせです。
(特にコーラはどちらにも該当するため最も避けるべき飲み物だといえます。)

着色が強い!避けるべき飲食物は

色の濃い食べ物・飲み物は避けるようにしましょう。

また、炭酸飲料をはじめとする着色補助食品にも注意が必要です。まずは黄ばみの原因となる食べ物・飲み物を覚えておきましょう

飲食物以外で歯の着色が起こる原因

黄ばみにくい食べ物や飲み物を選んでいても、生活習慣などが原因で歯が黄ばむことがあります。

エナメル質の減少による着色

人間の歯は加齢によってエナメル質が減少していきます。
エナメル質とは歯の象牙質の外側にある半透明の部分です。

このエナメル質が毎日の食事や歯ぎしりによって薄くなっていくと、象牙質が少しずつ露出してしまいます。

象牙質はとても黄色いため、象牙質が露出した歯は自然と歯が黄ばんで見えるようになります。

一方で、加齢による黄ばみはホワイトニングで白くなる場合が多いです。
長期間かけてステインが溜まっているため、ホワイトニングと普段のケアを兼ねることでより早く白くすることができます。

また、加齢以外の原因としても、正しい歯磨きを行っていないためにエナメル質が少しずつ薄くなることがあります。

市販の歯磨き粉の多くには「研磨剤」といわれる歯の表面を削る成分が含まれています。
研磨剤入りの歯磨き粉はステインが取れやすくなり一時的に歯が白くなるのですが、
同時にエナメル質を削ってしまうため表面が着色しやすくなったり、象牙質が透過してしまう原因にもなります。

胃酸や胃液が歯の黄ばみの原因になる場合も

逆流性食道炎によって胃酸が口の中まで上がってきてしまう方は、胃酸が歯の黄ばみの原因になることがあります。

胃酸は強酸の一種で、非常に強い酸化物です。これが歯に着くことによって脱灰がおこり、歯の表面が粗くなってしまいます。

歯の表面が粗くなることによって着色が起こりやすい状態が続くため、着色補助製品と同様に着色性食品の働きを強めてしまいます。

歯磨きやゆすぎの回数を増やして口の中をできるだけ中性に保つようにしましょう。

飲食物以外の黄ばみの原因

汚れがつきやすい食べ物・飲み物以外にも着色の原因があります。

  • 研磨剤入りの歯磨き粉を避けてエナメル質を守る
  • 酸度の強い胃酸の分泌をなるべくおさえる

ということをおさえておくと、より歯の黄ばみを防げます。

歯が黄ばみやすい飲食物を食べたい時だってある!

ご馳走今日は飲み会!そんな場所で食べるものを選ぶことなんてできないしどうしよう・・・という場合は、色の濃い食べ物や着色補助食品を口にしたあと、なるべく早く口をゆすぎましょう。(歯磨きができればベストです)

ステインの沈着は、歯の表面が長時間色素に触れることで起こります。毎食後に歯を磨くというのは、
虫歯や歯周病予防と同時に、色素が歯に着いている時間を短くするという意味でも歯を白くするためには大切なことです。

一日の歯磨きの回数が3回以上の方は、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使用して歯の表面を傷つけずに磨くことをおすすめします。

飲食物を選ぶよりゆすぎを心がけよう

好きな食べ物や飲み物は好きなだけ食べる方が良いと思います。
(もちろん食べすぎや飲みすぎには注意!)
好きな食べ物や飲み物を口にしている時って幸せですよね。
だから飲食物を選んで制限するのはやめておきましょう!

そのかわり、外出先では気づいた時に歯磨きやゆすぎをすること。

これだけで黄ばみは十分抑えられますよ!

あとは、家に帰ってしっかり歯磨きをすればOKです♪

一気に着色を落としたいなら

ホワイトニングミーでは、5年間で8回の改良を加えた溶液を使用しています。
1回のホワイトニングでしっかり効果を実感したい人におすすめです♪

Whitening me料金はこちら